大学進学に必要なお金はどのくらい?

「国立大学なら安い」というのはひと昔前の話。進学にはかなりのお金が必要です。では、いったいどのくらいのお金が必要なのでしょう。

4年間の学費は国立250万円、私立文系410万円、私立理系580万円

大学4年間の総額は、もっとも学費が安い国立大学で約250万円必要になります。ただし、国立大学の場合は経済学部であろうが医学部であろうが一律です。
私立の場合は、大学や学部によってさまざまです。平均すると、私立文系で410万円弱、私立理系(医療系は除く)で580万円になります。

進学費用を考える時期は早ければ早いほどいい

高校3年生の夏くらいから進学にかかる出費がかさんできます。そのため、進学費用を考える場合は早ければ早いほどいいでしょう。
多くの大学では、6月くらいからオープンキャンパスが本格化してきますが、交通費や宿泊費などが必要になってきます。また、予備校の夏期講習などへの参加、さらにはAO入試や指定校推薦入試などもスタートし、受験料が必要となります。

家計に重くのしかかる教育費

かつては“家計の聖域”といわれていた教育費は、現在のような厳しい経済環境のなかでは、削減せざる得ない状況です。在学費用(学校教育費+家庭教育費)の年収に対する割合は、平均17.8%(平成28年度「教育費負担の実態調査」日本政策金融公庫)。負担割合「10%以上20%未満」が32.7%と最も多くなっています。年収階層別にみると、年収が低い世帯ほど在学費用の負担は重くのしかかり、特に年収200万円以上400万円未満の世帯では36.8%と、年収の1/3以上を占めています。