在学中にかかるお金

自宅から通学するのと、自宅外通学とでは、生活費も大きく変わってくる。大学生の1ヵ月あたりの生活費を比較すると、自宅生は平均57,000円なのに対し、自宅外生は約115,000円となり、実に2倍以上の差がある。生活費の中で大きなウエイトを占めるのが住居費だ。日本学生支援機構の調査によれば、住居費が特に高い東京圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)の私立大学生の場合、学費を含めた年間支出額は259万円。238万円の京阪神(大阪府・京都府・兵庫県)とでは20万円以上の差がある。

 

そのほかの出費もある。たとえば、授業で使うテキスト代や、サークルの合宿費、研修プログラムの参加費、さらには留学が必須になっている学校もある。最近の大学生の傾向として、厳しい就職事情を勝ち抜くために資格取得を目指して専門学校にも並行して通う学生も少なくない。全国大学生活協同組合連合会の調査によれば、授業料と生活費をのぞく半年間の費用は、男子大学生で平均16万7,800円、女子大学生で19万9,200円となっている。