関関同立|関学が先か?関大が先か?

ランキングを表す受験用語に、「関関同立(かんかんどうりつ)」というのがある。関西の有名私立大学である、関西学院大学、関西大学、同志社大学、立命館大学の頭文字を並べたものだが、もともと偏差値ランキングを示すものではなかった。
もとは、野球が起源。東京六大学野球の早慶戦のように、関西六大学野球連盟で行われていた伝統の一戦「関関戦」「同立戦」がそれ。関西学院大学(兵庫県西宮市)と関西大学(大阪府吹田市)、同志社大学(京都市)と立命館大学(京都市)は、その位置関係や歴史からライバル意識が強く、卒業生や地元を巻き込んで多いに盛り上がった。その後、野球だけではなく、さまざまなスポーツ交流戦が行われ、定期的に関関戦、同立戦を開催し、関西の名物対決として定着している。
ちなみに関関は、関西学院大学と関西大学のどちらが先かは決まっていない。五十音表記(かんさいだいがく、かんせいがくいんだいがく)、ローマ字表記(Kansaidaigaku、Kwanseigakuindaigaku)ともに関西大学の方が先になるため、関西大学→関西学院大学の順番となる説が一般的だが、関西学院大学側は認めていない。(ちなみ私は関学出身です!)
また、同立戦は立命側では立同戦と言っている。

偏差値ランキングが一般化したのは1970年代あたりのこと。関西圏では上記4校が入試難易度も均衡しており、私大の最上位グループを形成することから「関関同立」として呼称されるようになった。
関関同立の次のグループとして、産近甲龍(さんきんこうりゅう)、その次のグループとして摂神追桃(せっしんおうとう)があるが、最近では学問系統が細分化、学際化されているため、一概に偏差値ランキングとは言いがたい。

関関同立(かんかんどうりつ)

関西学院大学
関西大学
同志社大学
立命館大学

産近甲龍(さんきんこうりゅう)

京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学

摂神追桃(せっしんおうとう)

摂南大学、神戸学院大学、追手門学院大学、桃山学院大学