デルタ航空、同志社大学の留学プログラムを支援~米国の協定大学へ留学する学生に往復航空券を無償提供~

同志社大学(京都市上京区)とデルタ航空(NYSE:DAL)は、同志社大学の学生がアメリカの協定大学に留学する際の往復航空券をデルタ航空が無償で提供することに合意しました。デルタ航空が関西の大学の留学プログラムを支援するのは、今回が初めてとなります。
_prw_PI1im_231SzHL5
【合意内容について】
同志社大学国際センター国際課が運営する「外国協定大学派遣留学生制度」でアメリカの協定大学に留学する学生のうち、国際課で選考した学生に対し、デルタ航空が往復航空券を無償で提供する。

【同志社大学の「外国協定大学派遣留学生制度」について】
同志社大学が学生交換協定を締結している34ヵ国(地域)141大学に、半年または1年間留学できるプログラム。留学生は、出願した学生の中から、学業成績、語学能力、学部・研究科の面接結果、出願書類などをもとに選考される。アメリカにはアーモスト大学、ハーバード大学、コロンビア大学などの協定大学が45ある。