「関関同立」ライバル物語|難易度が高いのは、この大学!

すべての学問分野で同志社大学が頭一つ上

関関同立とひとくくりにされることが多いですが、この四大学の中では、同志社大学が頭一つ抜きん出ています。
全国区でネームバリューがあるのは同志社大学くらいのものですし、京都大学との併願校は関西には同志社大学以外あり得ません。

下記に掲載した表は、関関同立の入試難易度、つまり偏差値を学問系統別に並べたものです。

[table id=5 /]

これを見れば一目瞭然。いずれの学問系統でも同志社大学の高さが見てとれます。

それでは、学問系統別に関関同立の難易度を比較してきましょう。

人文科学系統|関関同立で唯一の教育学部は?

人間や文学・文化を学ぶ分野です。文学や心理学、教育学などがこの系統に属しています。

まず「文学」系統では、同志社大学文学部(難易度:以下略70)をトップに、関西学院大学(68)、立命館大学(68)、関西大学(67)となります。女子に人気の分野であるため、自ずと難易度も高くなっているのが特徴です。

関西学院大学は、1999年に人間福祉学部を設置し、その後、聖和キャンパスに教育学部を新設するなど、教育・福祉分野に力を入れています。特に教育学部(66)は、関関同立の中では唯一の学部であり、関西では私立のライバル校は存在しません。独壇場となっています。

[chat face=”neko1.png” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]隊長の出身学部だけあって推しまくるにゃあ〜[/chat][chat face=”taicho1.png” name=”” align=”right” border=”gray” bg=”none” style=””]かつては文学部の中にあったんだけど、聖和短大との合併で学部に昇格した代わりに、キャンパスが移ってしまったのだ〜。ちょっと悲しい、ワシ[/chat]

社会科学系統|関西の金融・保険・小売り業界に多くの人材を輩出してきたメイン分野

経済や国際関係など、実社会のさまざまな問題に取り組む学問系統です。関関同立の最も得意とする分野です、金融・証券・保険業界やデパートなどに多くの人材を送り出してきました。都市銀行などでは、関学閥、同志社閥などもあるほどです。難易度的には、同志社大学法学部(71)を筆頭に、開設新しい関西大学社会安全学部(64)までレベルの高い争いを繰り広げています。

[box04 title=”就職ランキング(1989年〜2017年の累計人数”]三井住友銀行

  1. 関西学院大学 1380人
  2. 同志社大学 1088人
  3. 関西大学 894人
  4. 立命館大学 671人

阪急阪神百貨店

  1. 関西学院大学 129人
  2. 同志社大学 83人
  3. 関西大学 79人
  4. 立命館大学 58人
[/box04]全国的に人気が高まっているのが国際分野ですが、いずれも語学力には定評のある大学だけに、相当な力が必要です。同志社大学の2つのグローバル系学部は国公立合わせても関西最高峰の難易度73〜71。もともと大阪外国語大学だった大阪大学外国語学部(68)や新設の神戸大学国際人間学部(71)よりも難しいと言われています。ちなみに京都大学には国際系の学部はありません。
関西学院大学国際学部(71)、関西大学外国語学部(70)、立命館大学国際関係学部(69)と、いずれもハイレベルです。

[chat face=”neko5.png” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]国際系なら関関同立で決まりだにゃあ[/chat]

自然科学系統|国公立志望がメインの学問系統だから、比較的入りやすい

理学や工学など、理系分野の中心となる学問系統です。この分野は比較的入りやすいのが特徴です。同志社大学理工学部(67)はハイレベルですが、工学部から分化した関西大学の工学3学部(61)、開設新しい立命館大学情報理工学部(61)などは、近大理工学部(58)や建築学部(61)との差はほとんどありません。

関西には、京都大学をはじめ、大阪大学、神戸大学、大阪市立大学、大阪府立大学など、理系分野に定評のある国公立大学が多いので、比較的入りやすくなっています。

[chat face=”neko1.png” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]ノーベル物理学賞や化学賞といえば京都大学だもんにゃあ[/chat]

定期テスト対策 から大学受験対策まで。
全授業が月額980円(税抜)~で見放題!

リクルート提供の「スタディサプリ」は、通信環境さえあればいつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができるオンライン学習サービスです。

定期テスト対策から大学受験対策まで、これ一つで十分。全授業が月額980円(税抜)~で見放題なんて、経済的にも大助かりですね。

スタディサプリの特徴

  1. 5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。
  2. 小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができる。
  3. 講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入できる。
  4. センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。
  5. 上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供。さらに無料体験も可能。

 

また、アプリ版もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。
さらに授業動画の速度調整も可能で、わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観ることができます。

毎日の予習復習、学び直しや先取り学習、定期テスト対策、受験対策など、一人一人の目的にあわせて利用できるのはありがたいですね。

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。