進学の常識

センター試験

正式には「大学入試センター試験」といい、1月13日以降の最初の土曜日・日曜日に全国一斉に実施される。志願者数は全国で57万人以上におよび、大学受験生の約8割に達する。

①教科書レベルの問題が中心
センター試験を一言で言うと「高校で学んだ基礎的なことが理解できているかを問うマーク式の試験」。出題のほとんどは教科書レベルで、国語・英語・数学は1・2年生で学ぶ内容だ。ただし、出題数が多いので、速く正確に解く力が必要。また、偏りなく広範囲な分野から出題されるので、苦手分野であっても、基礎〜標準レベルの問題は対応できるようにしておくことが大切である。
②国公立志望なら必ず受験を
国公立大学では、センター試験と個別に大学が実施する学力試験(二次試験)の両方をあわせて合否判定する。そのため国公立大学志望の場合は、一部の推薦入試をのぞき、必ず受験しないといけない。また、私立大学の85%がセンター試験を利用した入試を行っているため、私立大学を第一志望とする人もできれば受験するほうがいいだろう。

定期テスト対策 から大学受験対策まで。全授業が月額980円(税抜)~で見放題!

リクルート提供の「スタディサプリ」は、通信環境さえあればいつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができるオンライン学習サービスです。

定期テスト対策から大学受験対策まで、これ一つで十分。全授業が月額980円(税抜)~で見放題なんて、経済的にも大助かりですね。

スタディサプリの特徴

  1. 5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。
  2. 小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができる。
  3. 講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入できる。
  4. センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。
  5. 上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供。さらに無料体験も可能。

 

また、アプリ版もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。
さらに授業動画の速度調整も可能で、わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観ることができます。

毎日の予習復習、学び直しや先取り学習、定期テスト対策、受験対策など、一人一人の目的にあわせて利用できるのはありがたいですね。

詳細ページ