センター試験

正式には「大学入試センター試験」といい、1月13日以降の最初の土曜日・日曜日に全国一斉に実施される。志願者数は全国で57万人以上におよび、大学受験生の約8割に達する。

①教科書レベルの問題が中心
センター試験を一言で言うと「高校で学んだ基礎的なことが理解できているかを問うマーク式の試験」。出題のほとんどは教科書レベルで、国語・英語・数学は1・2年生で学ぶ内容だ。ただし、出題数が多いので、速く正確に解く力が必要。また、偏りなく広範囲な分野から出題されるので、苦手分野であっても、基礎〜標準レベルの問題は対応できるようにしておくことが大切である。
②国公立志望なら必ず受験を
国公立大学では、センター試験と個別に大学が実施する学力試験(二次試験)の両方をあわせて合否判定する。そのため国公立大学志望の場合は、一部の推薦入試をのぞき、必ず受験しないといけない。また、私立大学の85%がセンター試験を利用した入試を行っているため、私立大学を第一志望とする人もできれば受験するほうがいいだろう。


「やれば、できる」を合言葉に、全国で498教室を展開する個別指導塾「スタンダード」では、小・中・高全学年、全教科対応で、生徒2人に対し、講師1人でしっかり指導。

フランチャイズではなく全教室直営なので、どこよりも安く、そしてどこよりも親身な指導を全教室同一レベルで実施。お子さまのやる気を引き出し、勉強を習慣づけることで、お子さまの学力を伸ばします。

お子さまが「全く勉強しない」
「学校でも塾でも勉強についていけない」
「友達とどんどん差がついてる」などの
親御さんの悩みを解決します。

入会費用はいつでも0円、まずは5回の無料授業から始めて、お子さまにピッタリの講師を見つけてください。

詳細は下記サイトをご覧ください。
個別指導塾のスタンダード

Wam|実績ある学習塾によるオンライン学習システム

一人ひとりに応じた完全オーダーメイドカリキュラムで、日常学習のサポートから超難関受験対策まで幅広く対応しています。指導に当たるのは、東大生をはじめとする現役学生やプロ講師など。専用のオンライン授業システムで、問題を解く過程を講師がしっかり見守りながら授業を展開。さらに、AIで出題を自動調整された演習が学習効率を最大化。対話形式の「質問を促す」双方向授業で堅実な学力アップを実現します。「成績保証」制度あり。