一流大学の定義

偏差値の高い大学は、文字通り、予備校から発表される偏差値・難易度ランキングを見れば分かります。
要するに、入るのが難しい大学です。

学校名よりも学部・学科でランキングされ、医学部はいずれも高くなっています。

河合塾の入試難易度のデータによれば、医学部の場合、東大72.5、慶應72.5、千葉大70、東京医科歯科大70、京大70、阪大70、東京慈恵会医科大70と続きます。
法学系の場合だと、東大70、京大67.5、一橋67.5、慶應67.5、早稲田67.5と続きます。
では、「一流大学とは」どこの大学を言うのでしょう。

偏差値+ブランド力+伝統

人によって一流大学の定義はさまざまで、偏差値の高い大学という人もいます。ただし、そこには知名度や社会的評価などのブランド力、伝統も加味されます。

国立大学の医学部は確かに偏差値は高く、難関です。しかし、一流大学かと問われれば疑問符がつきます。都会の大病院などでは、地方大学の出身者は悲しいかな患者からも下に見られてしまう場合もあります。

さまざまな意見もあるでしょうが、相対的に一流大学と思われているものを列挙してみましょう。

東京大京都大東北大、九州大、北海道大大阪大、名古屋大。いわゆる旧帝大は国立のなかでもトップクラスで、誰もが一流と呼ぶでしょう。これに続くのが、一橋大、東京工業大、筑波大、神戸大の旧官立大学です。国立大学では、これらに加えて東京外国語大、お茶の水女子大あたりまでです。

上記以外の国立大学は偏差値は高くても、中堅国立大学として扱われ、たとえ医学部であっても一流と呼ぶ人は少ないです

[box06 title=”あわせて読みたい”]現役で東大合格を目指すなら「河合塾のMEPLO」[/box06]

私立大の一流は人によりさまざま

一方、私立大学の場合は人によってイメージがまちまちです。

関西地区でトップクラスの偏差値を誇る関西学院大学を一流という人もいれば、三流という人もいます。

一般的に有名私立大学は過大評価される傾向にあるようです。

関東では、早稲田大慶応大上智大東京理科大国際基督教大の5校に加え、MARCH(明治大青山学院大立教大中央大法政大に、学習院大、津田塾大

関西では、いわゆる関関同立(関西学院大関西大同志社大立命館大の4校となります。

ちなみに関西学院大学出身の私は、関関同立を一流とは思っていません。だぶん、私の回りに優秀な卒業生がいないせいでしょう。外から見れば一流に見えるのでしょうが、関関同立クラスでは「学歴不問」というのが私の持論です。

2017年正月に「早慶近」というくくりを全国紙の全面広告で掲載した近畿大学は、一流とは評価されていません。
確かに、今や5年連続で志願者数全国ナンバーワンを誇りますが、京大や阪大と併願する受験生は皆無に等しく、関関同立とW合格した場合にも近大進学を選択する受験生はほとんどいません。


「やれば、できる」を合言葉に、全国で498教室を展開する個別指導塾「スタンダード」では、小・中・高全学年、全教科対応で、生徒2人に対し、講師1人でしっかり指導。

フランチャイズではなく全教室直営なので、どこよりも安く、そしてどこよりも親身な指導を全教室同一レベルで実施。お子さまのやる気を引き出し、勉強を習慣づけることで、お子さまの学力を伸ばします。

お子さまが「全く勉強しない」
「学校でも塾でも勉強についていけない」
「友達とどんどん差がついてる」などの
親御さんの悩みを解決します。

入会費用はいつでも0円、まずは5回の無料授業から始めて、お子さまにピッタリの講師を見つけてください。

詳細は下記サイトをご覧ください。
個別指導塾のスタンダード

Wam|実績ある学習塾によるオンライン学習システム

一人ひとりに応じた完全オーダーメイドカリキュラムで、日常学習のサポートから超難関受験対策まで幅広く対応しています。指導に当たるのは、東大生をはじめとする現役学生やプロ講師など。専用のオンライン授業システムで、問題を解く過程を講師がしっかり見守りながら授業を展開。さらに、AIで出題を自動調整された演習が学習効率を最大化。対話形式の「質問を促す」双方向授業で堅実な学力アップを実現します。「成績保証」制度あり。