保護者に必要なことは「入試制度を知ること」

進路選択は高校生にとっても保護者にとっても難しいものです。

リクルートマーケティングパートナーズの「高校生と保護者の進路に関する意識調査2015」調によれば、
保護者と進路について「話す」高校生は79%と、8割近くに及びました。しかし、進路について考えたときは「不安(72.2%)」が、「楽しい(22.3%)」をはるかに上回り、高校生にとって、進路選択はかなりのプレッシャーとなっているようです。
main

その理由としては、
「ちゃんと就職できるのかが不安」
「自分はしっかりと社会に出て行きて行けるのか」
「行きたい大学・学科が漠然としていて、うまく選べるか不安」
「進学するとしたら、お金を借りないといけないので、そのお金をきちんと返せるのか不安」といった意見が上げられます。

一方、保護者の方も不安な方が多いようで、進路選択のアドバイスが「難しい」とかんじる保護者は71%にも達しました。
2003年の調査開始以来、アドバイスが難しいとする理由のトップは「社会がどのようになっていくのかが予想がつかないから」というものでしたが、今回の調査では「入試制度をはじめ最新の進学情報を知らないから」が47.5%とトップ。
自分たちの時代とかなり違う現在の複雑な入試制度に不安感を持つ保護者が多いようです。

sub2

sub3

これを反映して、保護者が最も重要だと考える情報は、前回・前々回調査の「進学費用」を抑えて、「現在の入試制度の仕組み(57%)」がトップでした。

sub4

2020年度からは、センター試験が廃止され、大きな入試改革が行われます。受験直前で慌てないためにも、早めの早めの情報収集が望まれます。


「やれば、できる」を合言葉に、全国で498教室を展開する個別指導塾「スタンダード」では、小・中・高全学年、全教科対応で、生徒2人に対し、講師1人でしっかり指導。

フランチャイズではなく全教室直営なので、どこよりも安く、そしてどこよりも親身な指導を全教室同一レベルで実施。お子さまのやる気を引き出し、勉強を習慣づけることで、お子さまの学力を伸ばします。

お子さまが「全く勉強しない」
「学校でも塾でも勉強についていけない」
「友達とどんどん差がついてる」などの
親御さんの悩みを解決します。

入会費用はいつでも0円、まずは5回の無料授業から始めて、お子さまにピッタリの講師を見つけてください。

詳細は下記サイトをご覧ください。
個別指導塾のスタンダード

Wam|実績ある学習塾によるオンライン学習システム

一人ひとりに応じた完全オーダーメイドカリキュラムで、日常学習のサポートから超難関受験対策まで幅広く対応しています。指導に当たるのは、東大生をはじめとする現役学生やプロ講師など。専用のオンライン授業システムで、問題を解く過程を講師がしっかり見守りながら授業を展開。さらに、AIで出題を自動調整された演習が学習効率を最大化。対話形式の「質問を促す」双方向授業で堅実な学力アップを実現します。「成績保証」制度あり。