進学の常識

入学前後にかかる費用

更新日:

初年度納入金

初年度納付金は、国立大では標準額が決まっている。全学部共通で、入学金が282,000円、授業料が535,800円。各大学は標準額の120%以内なら独自に金額を設定できるが、いままで大きく変更した大学はない。公立大の場合も、各自治体が任意に設定できるが、多くは国立大と同水準。公立大には設置自治体の教育振興という目的があり、たとえば県立大の場合、同県出身の合格者は入学金が半額になるなどの措置がとられているケースもある。

一方、私大の初年度納付金は、大学や学部によって大きく異なる。学部系統でいえば、一般に文系より理系の方が高く、医歯系はさらに高くなる。また、家政、芸術、体育、保健などの学部は実習等が多く、文系よりは学費が高めに設定されている。医歯系や薬学部は6年制であることも考慮しておきたい。

 

その他にもさまざまな費用が必要

入学費用には、このほかに教材費もかかりますし、自宅外通学ならアパートなどの敷金・礼金も必要になる。住居は地域によって差があるが、8畳程度の洋室(バス・キッチン付き)といったものが一般的。さらに家具や電化製品など生活用品一式をそろえると、入学・新生活準備費は平均で100万円近くにものぼる。







編集部おすすめの学習教材

Z会Asteria(アステリア)

大学受験はもちろん、中学生から大人までが利用できるタブレット学習サービス
Z会の長年の指導実績と最新のテクノロジーとの融合により実現した、革新的な学習サービス。
英語4技能講座、数学新系統講座、総合探究講座(2017年7月開講・中学生推奨)の3つの講座があります。

スタディサプリ

受験生の2人に1人が利用するオンライン学習サービス。スタディサプリ高校講座・大学受験講座の2つの講座が合わせて月額980円(税抜)、年会費や初期費用も無料。 圧倒的な低価格で質の高い学習を提供しています。

進研ゼミ高校講座

約200大学9万問の入試分析から生まれた志望大レベル別プランや、高校別・レベル別の「厳選テキスト」、テキストと連動した1回約5分の「スマホ学習」の効率学習法で、授業で習ったことを無理なく入試レベルまで伸ばせる。進研ゼミ高校講座です。

他に、しまじろうでおなじみの、0〜6歳児向け幼児教育教材「こどもちゃれんじ」、進研ゼミ小学講座・中学講座、小学生用のチャレンジイングリッシュもあります。

-進学の常識
-

Copyright© 厳選!ホンキの学校選び , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.