出願から入学手続きまで

①願書を取り寄せる
大学入試センター試験の願書は、各高校で一括して取り寄せられ9月頃に、指定校推薦入試の願書は原則として高校から配布される。これ以外の願書は基本的に各自で取り寄せることになる。

願書は各大学のホームページより申し込めば郵送してもらる。また、進学相談会の会場で配布されていたり、高校・予備校、大手書店などに置かれている場合もある。最近では手元に願書がなくても、インターネット出願ができる大学も増えている。

②調査書の発行を依頼する
出願に際しては、高校の調査書が必要となる。推薦入試の場合は、推薦書も必要になる。現役生の場合は担任に発行依頼を、浪人生の場合は母校の窓口で確認しよう。いずれも発行には1週間程度かかるので、早めに申し込んでおきたい。

③出願・受験料の納付
出願には写真および受験料の納付が必要だ。受験料はセンター試験が3教科以上で18,000円、2教科以下で12,000円、国公立大学2次試験が17,000円、私立大学推薦入試が約30,000円、一般入試が約35,000円、センター利用入試が約15,000円。願書の提出は郵送が基本だが、窓口への持参を認めている大学もある。

④合格発表から入学手続きまで
合否の発表は、受験生本人宛に郵送されるのが一般的だ。合格の場合には所定の期日までに入学金を納め、入学手続きをしなければならない。近年、合格し入学手続きを完了したあとに、入学をとりやめる場合は納入金の一部が返却されるようになってきたが、各大学により異なりますので募集要項等で十分に確認しておこう。


「やれば、できる」を合言葉に、全国で498教室を展開する個別指導塾「スタンダード」では、小・中・高全学年、全教科対応で、生徒2人に対し、講師1人でしっかり指導。

フランチャイズではなく全教室直営なので、どこよりも安く、そしてどこよりも親身な指導を全教室同一レベルで実施。お子さまのやる気を引き出し、勉強を習慣づけることで、お子さまの学力を伸ばします。

お子さまが「全く勉強しない」
「学校でも塾でも勉強についていけない」
「友達とどんどん差がついてる」などの
親御さんの悩みを解決します。

入会費用はいつでも0円、まずは5回の無料授業から始めて、お子さまにピッタリの講師を見つけてください。

詳細は下記サイトをご覧ください。
個別指導塾のスタンダード

Wam|実績ある学習塾によるオンライン学習システム

一人ひとりに応じた完全オーダーメイドカリキュラムで、日常学習のサポートから超難関受験対策まで幅広く対応しています。指導に当たるのは、東大生をはじめとする現役学生やプロ講師など。専用のオンライン授業システムで、問題を解く過程を講師がしっかり見守りながら授業を展開。さらに、AIで出題を自動調整された演習が学習効率を最大化。対話形式の「質問を促す」双方向授業で堅実な学力アップを実現します。「成績保証」制度あり。