学校選びに迷ったら「進学情報サイト」を利用しよう。

学校の数ってどれくらいあるかご存知ですか。
一般的に高校卒業後の進学ルートとしては、大学・短期大学・専門学校の3つがありますが、なんと、全部合わせて約4,000校もあるのです。内訳は、平成29年度で、大学780校、短期大学337校、専門学校2,822校です。

大学・短期大学・専門学校の数(平成29年度)

  • 大学780校(国立82校、公立90校、私立604校)
  • 短期大学337校(公立17校、私立320校)
  • 専門学校2,822校
[chat face=”neko5.png” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]これだけあると、選ぶにが大変だにゃあ[/chat]

今や学校のホームページを見れば、どんなことが学べるのか、学費はいくらかなどが瞬時に分かりますが、「この学校!」と決まった学校がないときは大変ですね。
そんなときに利用したいのが、進学情報サイトです。

「なにが学びたいのか」「将来、どんなことがしたいのか」など、まだ何にも決まっていなくても大丈夫。あなたにピッタリの学校へと導いてくれます。
また、オープンキャンパス情報や奨学金情報なども掲載されていますので、学校選びに迷ったらぜひ覗いてみてください。
数多くある進学情報サイトの中でも、情報量が豊富で、見やすいサイトを3つ紹介しましょう。

 

マイナビ進学

進学・就活情報大手の株式会社マイナビが運営する進学情報ポータルサイト。こういうことを学びたい、やりたい仕事に就きたい、資格をとりたいと考えている人には、それらを学べる学校をご紹介しています。また、将来の目標が決められない、決まってない人には、さまざまな仕事や資格、学問を詳しく調べて、やりたいことを見つけるようにサポート。資料請求すれば、毎月当たるプレゼントキャンペーンを実施中です。各学校のさまざまな出来事や話題を紹介した「学校トピックス」は、学校案内パンフレットや学校のホームページからではわからないリアルな学びの現場が垣間見れて、読み応えがあります。

高校生のための進学情報【マイナビ進学】

スクリーンショット 2015-12-19 11.26.33

リクナビ進学

進学情報のパイオニア、リクルートが運営する高校生のための進学サポートサイト。「自分が将来やりたいことを見つけることができる!」「自分の目標や希望にあった学校を選ぶことができる!」「目標の学校が実際どんな学校なのか、オープンキャンパスに行ってみたり、入試・出願の詳細の情報を入手できる!」など盛りだくさんの内容。
将来なにをしたいかを発見し、それを実現するためのピッタリな学校探ししてくれるサポートするサイトです。
《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

スクリーンショット 2015-12-19 11.32.00

キャリタス進学

日経HR(日本経済新聞社の子会社)と株式会社ディスコが運営する進学情報サイト。受験生、保護者を対象に、大学・短期大学・専門学校への進学情報や留学情報など、学校選びに関する幅広い情報を提供しています。すっきりと見やすいデザインは、目的のものを探しやすいです。
キャリタス進学

スクリーンショット 2016-01-11 10.54.14


「やれば、できる」を合言葉に、全国で498教室を展開する個別指導塾「スタンダード」では、小・中・高全学年、全教科対応で、生徒2人に対し、講師1人でしっかり指導。

フランチャイズではなく全教室直営なので、どこよりも安く、そしてどこよりも親身な指導を全教室同一レベルで実施。お子さまのやる気を引き出し、勉強を習慣づけることで、お子さまの学力を伸ばします。

お子さまが「全く勉強しない」
「学校でも塾でも勉強についていけない」
「友達とどんどん差がついてる」などの
親御さんの悩みを解決します。

入会費用はいつでも0円、まずは5回の無料授業から始めて、お子さまにピッタリの講師を見つけてください。

詳細は下記サイトをご覧ください。
個別指導塾のスタンダード

Wam|実績ある学習塾によるオンライン学習システム

一人ひとりに応じた完全オーダーメイドカリキュラムで、日常学習のサポートから超難関受験対策まで幅広く対応しています。指導に当たるのは、東大生をはじめとする現役学生やプロ講師など。専用のオンライン授業システムで、問題を解く過程を講師がしっかり見守りながら授業を展開。さらに、AIで出題を自動調整された演習が学習効率を最大化。対話形式の「質問を促す」双方向授業で堅実な学力アップを実現します。「成績保証」制度あり。