就職の常識

“就職に強い大学”のチェックポイント

志望校を選ぶ際に、就職状況、就職指導体制は重要な指標の一つになる。
では、「就職に強い」大学であるかどうかをチェックするためには、どのような部分に気をつける必要があるのだろうか。

①就職関連データの正しい見方
就職関連データは、大学によってデータの算出方法が異なる。たとえば就職率は、「就職者数」÷「卒業生数-進学者数(大学院や他大学・専門学校への進学、留学)」で算出する方法が一般的だが、分母が就職を希望した学生に限定されている場合がある。この場合は、就職率は高めになる。また、「主な就職先」も、最新年度の卒業生の就職先に限定している大学もあれば、過去数年間の実績の大学もある。このように、就職関連データは、大学によってさまざまであることをきちんと認識した上で、客観的に確認することが重要だ。

②業種別状況や資格支援もチェック
将来就きたい仕事が明確な場合は、就職関連データの「業種別就職状況」に注目しよう。希望の仕事に就くためには、資格取得が条件になる場合もあるため、資格取得のサポート体制も重要なポイントになる。近年は専門学校とタイアップして、課外の資格対策講座を提供する大学も増えている。さらに、その資格の合格実績も大切。同じ目標を持つライバルが多ければ、モチベーションを高めることができるからだ。

③就職支援プログラムの充実度も重要
就職支援の柱となる「就職ガイダンス」が何年次から受講できるのか、開催数はどれぐらいか、その内容はどうなっているかは、よく調べておこう。また、実際に就職活動がスタートすると、初めての経験だけに、具体的な対処に迷う学生も少なくない。そうした場合に、個別相談に応じるような体制が整えられているかどうかも重要だ。そのほか、エントリーシートや履歴書の記入方法の指導、模擬面接、SPI(採用試験で用いられる適性検査)対策など、実際に役立つ指導が充実していると心強い。

④将来の進路によっては大学院進学も視野に
大手メーカーの研究開発職、技術職など、大学院修了者であることが、採用の“条件”になっている業種もある。さらに、臨床心理士や司法試験など、大学院に進まなければ取得できない資格も存在する。また、教職大学院、会計大学院、MBAなどもある。将来、これらの業種でリーダーとして活躍したいと考えている場合は、大学院進学を念頭に置いた大学選びをすることが大切だ。大学院の収容定員、進学率、カリキュラムの充実度などを調べておこう。

2019年度の一般入試まで残りあとわずか!

受験生にとってはもう残りわずか。入試本番まで半年を切りました。
「そろろろラストスパートをかけなければ!」「思うように成績が上がらない」と、そろそろ焦りが出てきたのではありませんか?

そんな不安を一掃するためにおすすめしたいのが、リクルートが提供する「スタディサプリLIVE 冬期講習」です。

同じくリクルート提供の「スタディサプリ」は、通信環境さえあればいつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができるオンライン学習サービスですが、「スタディサプリLIVE」はそれとはちょっと違います。

「スタディサプリLIVE 冬期講習」は、大学受験生向けの短期講習です。

志望校に特化した最新情報をもとに、その時期受験生が必要な授業を、スタディサプリの人気講師陣が”生放送”で届けてくれるというもの。

つまり、中央大学法学部に合格したい人には中央大学法学部の入試に絞った授業を、立命館大学理工学部に合格したい人には立命館大学理工学部の入試に絞った授業を提供してくれるのです。
だから無駄がありません。しかもLIVEチャット機能搭載なので、一方通行の動画配信ではなく、質問することも可能。一緒に学ぶ仲間の声も聞けるので、一人で勉強するよりもモチベーションは格段に上がります

まさに大手予備校の冬期講習並み、いやそれ以上の授業を自宅に居ながら受けることができるのです。

「スタディサプリ」が月額980円〜で利用できるのに対し、「スタディサプリLIVE」の利用料はかなり高めに感じるかもしれません。
しかし「スタディサプリLIVE 冬期講習」で提供される学習内容は、名前はよく似ていても「スタディサプリ」とは全く別物です。
塾・予備校の冬期講習と比べれば格段に安く、しかもハイレベルな学習を提供してくれます。

どうしても志望校に現役合格したい方、何を勉強していいかわからない方、有名予備校までは遠すぎて自宅から通えない方、このような方は無料プレ講座も随時開催していますので、ぜひチェックしてみてください。

詳細は下記サイトをご覧ください↓
【スタディサプリLIVE】志望大別対策で弱点を克服