就職の常識

採用基準が変わる!「学業重視」の時代がやってきた。

大学3年になると、就職活動に備えて多くの学生が「就活対策」を始める。中には入学時から就活を見据えて、様々な資格の取得に励んだり留学したりする学生もいる。コミュニケーション力や行動力といった力をアピールするために、様々な活動に取り組む学生も少なくない。
そうした能力はもちろん必要だ。しかし一方でこれまであまり重視されてこなかった「学業成績」に今、企業の注目が集まっている。

大学での成績を活用する企業

2015年卒の就活が解禁された昨年12月。日本経済新聞は三菱商事など大手企業が採用において成績を重視するという記事を出した(2013年12月8日日本経済新聞朝刊)。この記事に衝撃を受けた大学生も少なくないだろう。
近年、選考において学業成績はそこまで重視されてこなかった。成績証明書の提出を求める企業でも、最終面接か内定後に提出という場合が多かった。
学業成績がこれまであまり選考に使われてこなかった理由の一つに、基準の曖昧さがある。成績評価は各大学で異なり、一概には比べられない。
これを可能にしたのが大学成績センターが運営する大学成績データベースである。データベースに登録された成績が企業側に送られる仕組みだ。学生にとっては一度登録すれば他の企業にも使うことが出来、企業側にとっては面倒なデータ入力の必要がない。大学によって異なる評価が統一基準で変換されるため、比較することも出来る。
筆者も実際に使ったことがあるが、学校名や学部、評価方法を登録し、後は授業毎に授業名と評価を入力していくという単純な作業で、負担になるものではなかった。

一般入試か、推薦入試か「勉強を頑張った」ことから見えるもの

勉強には労力がかかる。それ故に興味のない科目にどう取り組んできたかということは、学生の性格や忍耐力とも通じる。成績は、社会人になったとき嫌な仕事にも耐えられるかということを測る一つの指標になりうるのだ。
また、面接において「一般入試か、推薦入試か」を聞かれるケースもある。たとえ私立の上位校でも様々な入試形態があるため、それを考慮してのことだろう。ネームバリューがあるだけでは安心出来ない。
高校生にとって大学は自由というイメージが強いかもしれない。確かに自由であり、サークルやアルバイトなど好きなことに打ち込める時間も多い。様々な体験をすることは大切だが、だからといって勉強を放り出すと後でつけが回ってくるかもしれない。
2016年卒の学生からは採用時期が後ろ倒しになる。これも学業重視の傾向である。学歴と同様に、入学後にどれだけ勉強するかということもこれからは大切になってくる。一流と呼ばれる大学に入っても、そこで全く勉強をしないのでは意味がない。逆に言えば、「勉強を頑張った」ことは就活において重要なカードとなりうるのだ。

(文責:糸村真秀)