社長の出身校ランキング

  • 2015年4月20日
  • 2017年4月26日
  • 特集

東京商工リサーチが4月8日に発表した調査によれば、社長の出身地で最も多いのは「東京都」の7万4,867人だった。次いで、「北海道」4万9,751人、「大阪府」4万5,866人、「愛知県」4万3,418人、「神奈川県」3万168人となる。

では、出身校はどうだろう。
堂々の1位に輝いたのは、日本大学。5年連続の1位であるが、通信課程を合わせて14学部87学科、10万人以上が学び、卒業生に至っては100万人を超える大学なのだから数の論理で当然の結果といえる。2位には早稲田大学、3位には慶応大学…と、上位には関東の大学がずらり。近畿大学に志願者1位の座はゆずっても、こと社長となると、関東が圧倒的に強いようだ。

社長の出身校ランキング

1日本大学21,662人
2早稲田大学10,753人
3慶応大学10,587人
4明治大学9,508人
5中央大学8,406人
6法政大学6,726人

定期テスト対策 から大学受験対策まで。
全授業が月額980円(税抜)~で見放題!

リクルート提供の「スタディサプリ」は、通信環境さえあればいつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができるオンライン学習サービスです。

定期テスト対策から大学受験対策まで、これ一つで十分。全授業が月額980円(税抜)~で見放題なんて、経済的にも大助かりですね。

スタディサプリの特徴

  1. 5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。
  2. 小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができる。
  3. 講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入できる。
  4. センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。
  5. 上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供。さらに無料体験も可能。

 

また、アプリ版もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。
さらに授業動画の速度調整も可能で、わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観ることができます。

毎日の予習復習、学び直しや先取り学習、定期テスト対策、受験対策など、一人一人の目的にあわせて利用できるのはありがたいですね。

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。