社長の出身校ランキング

  • 2015年4月20日
  • 2017年4月26日
  • 特集

東京商工リサーチが4月8日に発表した調査によれば、社長の出身地で最も多いのは「東京都」の7万4,867人だった。次いで、「北海道」4万9,751人、「大阪府」4万5,866人、「愛知県」4万3,418人、「神奈川県」3万168人となる。

では、出身校はどうだろう。
堂々の1位に輝いたのは、日本大学。5年連続の1位であるが、通信課程を合わせて14学部87学科、10万人以上が学び、卒業生に至っては100万人を超える大学なのだから数の論理で当然の結果といえる。2位には早稲田大学、3位には慶応大学…と、上位には関東の大学がずらり。近畿大学に志願者1位の座はゆずっても、こと社長となると、関東が圧倒的に強いようだ。

社長の出身校ランキング

1日本大学21,662人
2早稲田大学10,753人
3慶応大学10,587人
4明治大学9,508人
5中央大学8,406人
6法政大学6,726人


「やれば、できる」を合言葉に、全国で498教室を展開する個別指導塾「スタンダード」では、小・中・高全学年、全教科対応で、生徒2人に対し、講師1人でしっかり指導。

フランチャイズではなく全教室直営なので、どこよりも安く、そしてどこよりも親身な指導を全教室同一レベルで実施。お子さまのやる気を引き出し、勉強を習慣づけることで、お子さまの学力を伸ばします。

お子さまが「全く勉強しない」
「学校でも塾でも勉強についていけない」
「友達とどんどん差がついてる」などの
親御さんの悩みを解決します。

入会費用はいつでも0円、まずは5回の無料授業から始めて、お子さまにピッタリの講師を見つけてください。

詳細は下記サイトをご覧ください。
個別指導塾のスタンダード

Wam|実績ある学習塾によるオンライン学習システム

一人ひとりに応じた完全オーダーメイドカリキュラムで、日常学習のサポートから超難関受験対策まで幅広く対応しています。指導に当たるのは、東大生をはじめとする現役学生やプロ講師など。専用のオンライン授業システムで、問題を解く過程を講師がしっかり見守りながら授業を展開。さらに、AIで出題を自動調整された演習が学習効率を最大化。対話形式の「質問を促す」双方向授業で堅実な学力アップを実現します。「成績保証」制度あり。