進学の常識

私立大学の入試制度は極めて多彩

多様化する私立大学の入試制度
私立大学の入試制度は、極めて多様だ。同じ大学の同じ学部を別日程で2度、3度受験できるし、受験科目も3教科の場合や4教科または2教科など、さまざま。また、配点方法も高得点の科目を2倍にするなど大変複雑で、どれが最適なのかを判断することは非常に難しくなっている。しかし、基本はあくまでも一般入試の3教科型。文系なら英語・国語・社会or数学、理系なら英語・数学・理科となる。多様化する入試制度に振り回されることなく、基本はきっちりおさえて受験にのぞみたい。

試験日自由選択制
同一学部・学科で複数の試験日を用意し、受験生が都合のよい日を選んで受験できる制度。一般入試は1月下旬から2月中旬がピークになるが、複数の大学を併願すると、当然、試験日が重複するリスクが生じる。これを解消するために考えられた制度で、受験チャンスを拡大することができるわけだ。

近年は「全学部入試」を導入する総合私立大学が増えてきた。「全学部入試」とは、その大学の全学部が共通の入試問題で、同一日に一斉に実施する入試のこと。学部ごとの入試とは別の日に行われるため、両方を併願することができ人気を集めている。

地方試験会場導入の大学が増加
「地方試験」とは、キャンパスの所在地以外の場所で入試を行うもので、都市型の大学が地方の中核都市で実施したり、逆に地方大学が都市部で実施するケースが一般的。受験生にとっては地元近くで受験することで、交通費や宿泊費などの経済的負担が軽減されるし、慣れない土地で受験するストレスからも解放されるなど、さまざまなメリットがある。

 

入試の種類

[推薦入試]
私立大学の推薦入試は種類も多く、選考方法もそれぞれに異なる。
●公募制推薦入試
大学側の条件を満たせば、どの高校からでも出願可能。おもに11月~12月に実施される。一般入試に比べて試験科目が少なく、問題も基礎的な内容が多い。
●指定校制推薦入試
大学・短大が指定した高校で、学校長の推薦を受けた生徒だけを対象に行う専願制の入試。
●AO型推薦入試
自己推薦・スポーツ推薦・一芸一能・特技入試など。高校での学習努力や文化・スポーツ活動を重視・評価し、コミュニケーション能力などを面談で評価し、筆記試験は行われない。

●AO入試
各学校が教育理念や求める学生像を掲げた「アドミッション・ポリシー」を提示し、受験生はその内容を理解したうえで選考プロセスに参加する。受験時の学力よりも将来性を重視し、受験生の能力・適性などを総合的に評価することを目的とした入試。

[一般入試]
推薦入試と同様、一般入試にもさまざまな選考方法がある。代表的なものは、同一学部・学科で複数の入試方法を設定するもの。たとえば「3科目型」「2科目型」「センター試験利用」といったパターンが代表的。この入試の最大の特徴は、受験生が自分の得意な方式を選べること。しかも、方式ごとに日程が異なっているため、各方式に出願できる場合は、受験機会が増えることになる。