関関同立徹底比較|いったいどこがいいの?

関関同立といえば、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学の4大学をさしますが、この4大学は甲乙付け難く、志望校選びには非常に迷うところです。
そこで、今回、関関同立を徹底的に比較してみましょう。志望校選定の参考にしてください。

関西人気ナンバーワンは、関西大学

リクルートマーケティングパートナーズが行った「進学ブランド力調査2019」によれば、関西エリアの「志願したい大学ランキング」ナンバー1に輝いたのは、関西大学でした。

2位近畿大学、3位大阪市立大学、4位同志社大学と続き、5位に立命館大学、6位に関西学院大学となっています。

男女別では、男子が関大(1位)→同社社大(4位)→関西学院大(7位)→立命館大(8位)の順。
女子は関大(1位)→立命館大(3位)→関西学院大(4位)→立命館大(5位)となっています。

2年前は女子限定にすると、関西大学と並んで1位だった関西学院大学ですが、学部改革の遅れは歪めません。
おしゃれなイメージだけでは、もはや通用しない時代になっています。

志願度ランキング(2019年)

全体男子女子
1関西大学(1位)関西大学(1位)関西大学(1位)
2同志社大学(4位)同志社大学(4位)立命館大学(3位)
3立命館大学(5位)関西学院大学(7位)関西学院大学(4位)
4関西学院大学(6位)立命館大学(8位)同志社大学(5位)

( )内は関西エリアの順位

知名度では、立命館大学

関西エリア内での知名度では、立命館大学(86.3%)、関西大学(84.1%)、同志社大学(84.2%)、関西学院大学(77.8%)となっていますが、これが関東エリアになると、関関同立はいずれもベスト20に入らず。東海エリアでは、5位に立命館大学(78.2%)、14位に同志社大学(67.3%)で、関西大学、関西学院大学はともに圏外でした。

関関同立はあくまでも関西エリアだけのブランドであって、全国区的には特に差はないようです。

イメージがいいのは、同志社大学

では、イメージ別で比較してみましょう。
「校風や雰囲気がよい」イメージを持っているのは、同志社大学。またオシャレ度でも、西の慶応と言われる関西学院大学を抜いて同志社大学のイメージが高くなっています。

校風や雰囲気がよいおしゃれ
1同志社大学(2位)同志社大学(3位)
2関西大学(3位)関西学院大学(7位)
3関西学院大学(4位)関西大学(-)
4立命館大学(8位)立命館大学(-)

高校生が持つ各大学のイメージは以下のようになります。
関西大学
教育方針、カリキュラムが魅力的で、校風や雰囲気がよい大学。また、クラブ・サークル活動も活発で、就職に有利。
関西大学の詳細はコチラ!

関西学院大学
キャンパスが美しく、おしゃれな学生が多い大学。また、クラブ・サークル活動も盛んで、楽しそう。
関西学院大学の詳細はコチラ!

同志社大学
国際的なセンスが身につき、就職にも強い。京都という土地柄にマッチしたおしゃれさがある。
同志社大学の詳細はコチラ!

立命館大学
教育方針やカリキュラムが魅力的。新しく発展していく可能性を秘めた大学。
立命館大学の詳細はコチラ!

東京個別指導学院・関西個別指導学院
5

授業は1対1または1対2の完全個別指導演習を、学習目的に合わせて選ぶことが可能。質問や相談がしやすく、分からないまま進むことはありません。また、1人ひとりに合わせた専用のカリキュラムで、目標達成まで無理・無駄なく効率的に成績アップを目指せます。
時間割も学習計画も先生も1人ひとりにピッタリの個別対応。きめ細かなサポートで、志望校合格・成績アップへ導きます。週1回、1科目からでも受講OK!