関西の学校

関関同立|関学が先か?関大が先か?

「関関」と「同立」は学生野球が起源

関関同立ってなんなんにゃ?

ランキングを表す受験用語に、「関関同立(かんかんどうりつ)」というのがあります。関西の有名私立大学である、関西学院大学、関西大学、同志社大学、立命館大学の頭文字を並べたものですが、もともと偏差値ランキングを示すものではありませんでした。

もとは、野球が起源です。東京六大学野球の早慶戦のように、関西六大学野球連盟で行われていた伝統の一戦「関関戦」「同立戦」がそれにあたります。

関西学院大学(兵庫県西宮市)と関西大学(大阪府吹田市)、同志社大学(京都市)と立命館大学(京都市)は、その位置関係や歴史からライバル意識が強く、卒業生や地元を巻き込んで多いに盛り上がっていました。

その後、野球だけではなく、さまざまなスポーツ交流戦が行われ、定期的に関関戦、同立戦を開催し、関西の名物対決として定着しています。

関関の序列は定かではなし

ちなみに関関は、関西学院大学と関西大学のどちらが先かは決まっていません。五十音表記(かんさいだいがく、かんせいがくいんだいがく)、ローマ字表記(Kansaidaigaku、Kwanseigakuindaigaku)ともに関西大学の方が先になるため、関西大学→関西学院大学の順番となる説が一般的ですが、関西学院大学側は断固として認めていません。(ちなみ私は関学出身です!)

隊長の息子は関大だもんにゃあ
わがやはお家で関関せ〜ん。ちなみに弟は立命か〜ん!

また、同立戦は立命側では立同戦と言っているらしいです。

関西トップグループに君臨する関関同立

偏差値ランキングが一般化したのは1970年代あたりのこと。大阪の夕陽丘予備校創設者がこれら4大学を応援するために、関西学院大学、同志社大学、立命館大学の関西トップ私大に、関西大学をくっつけて「関関同立」としてくくったのが発祥と言われています。

関西圏では、現在この4校が入試難易度も均衡しており、私大の最上位グループを形成することから「関関同立」として定着しました。
関関同立の次のグループとして、産近甲龍(さんきんこうりゅう)、その次のグループとして摂神追桃(せっしんおうとう)がありますが、最近では学問系統が細分化、学際化されているため、一概に偏差値ランキングとは言いがたくなっています。

関関同立(かんかんどうりつ)
産近甲龍(さんきんこうりゅう)
摂神追桃(せっしんおうとう)
2019年度の一般入試まで残りあとわずか!

受験生にとってはもう残りわずか。入試本番まで半年を切りました。
「そろろろラストスパートをかけなければ!」「思うように成績が上がらない」と、そろそろ焦りが出てきたのではありませんか?

そんな不安を一掃するためにおすすめしたいのが、リクルートが提供する「スタディサプリLIVE 冬期講習」です。

同じくリクルート提供の「スタディサプリ」は、通信環境さえあればいつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができるオンライン学習サービスですが、「スタディサプリLIVE」はそれとはちょっと違います。

「スタディサプリLIVE 冬期講習」は、大学受験生向けの短期講習です。

志望校に特化した最新情報をもとに、その時期受験生が必要な授業を、スタディサプリの人気講師陣が”生放送”で届けてくれるというもの。

つまり、中央大学法学部に合格したい人には中央大学法学部の入試に絞った授業を、立命館大学理工学部に合格したい人には立命館大学理工学部の入試に絞った授業を提供してくれるのです。
だから無駄がありません。しかもLIVEチャット機能搭載なので、一方通行の動画配信ではなく、質問することも可能。一緒に学ぶ仲間の声も聞けるので、一人で勉強するよりもモチベーションは格段に上がります

まさに大手予備校の冬期講習並み、いやそれ以上の授業を自宅に居ながら受けることができるのです。

「スタディサプリ」が月額980円〜で利用できるのに対し、「スタディサプリLIVE」の利用料はかなり高めに感じるかもしれません。
しかし「スタディサプリLIVE 冬期講習」で提供される学習内容は、名前はよく似ていても「スタディサプリ」とは全く別物です。
塾・予備校の冬期講習と比べれば格段に安く、しかもハイレベルな学習を提供してくれます。

どうしても志望校に現役合格したい方、何を勉強していいかわからない方、有名予備校までは遠すぎて自宅から通えない方、このような方は無料プレ講座も随時開催していますので、ぜひチェックしてみてください。

詳細は下記サイトをご覧ください↓
【スタディサプリLIVE】志望大別対策で弱点を克服