[いまどきのキャリア教育] 偏差値が高い大学が就職に有利とは限らない

2014年3月の大学卒業者の就職内定率は82.9%。かつては有名大学や偏差値の高い大学に入学すれば、就職はほぼ安心だった。しかし今の時代は人物本位の採用を重視し、中には出身大学を問わない企業もある。社会との接点が少ない大学では、せっかく入学しても就職できないケースもあり、もはや大学名だけで内定が得られる時代ではなくなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です