[学部研究|看護]男性看護師ってどうよ?

男性で看護学部は「あり」か?

最初に結論を書くと「あり」です。先述のように就職先にも困らず、家族を養えるだけの給与も貰えます。人のために働きたいと考えている男子受験生にはもってこいです。さらに現場でも男性看護師の存在が求められています。理由は様々ですが、力仕事を任せることが出来る、患者さんからのクレームに毅然と対応してもらえる、男性看護師を望む患者さんに対応できるなどがあるみたいですね。特に精神科病棟では患者さんが暴れた際押さえる必要があるので男性看護師は重宝されます。今後も男性看護師のニーズは上昇していくと考えられます。

ただ、男性が看護学部を選択する上で留意しておくことがいくつかあります。

(1)バーンアウト(燃え尽き症候群)には要注意
バーンアウトとは、今まで仕事を頑張ってきた人が急激にやる気を失い、働く気を無くしてしまうことです。看護師という職業はストレスがたまる職業です。夜勤があるため生活パターンが安定せず、仕事中はいつも時間に追われます。超過勤務もザラです。精神科病棟などでは、患者さんがいつ急変しても対応できるように気を張り詰めていなければなりませんし、患者さんから暴言を吐かれることも多々あります。このような、肉体的にも精神的にもストレスが溜まる職場で仕事を続けていると、いつかバーンアウトを起こす可能性があります。経済的安定を求めるのであれば看護師は激務であると理解した上で進路を決めたほうがいいでしょう。体と心を壊してしまえば、経済的安定は元も子もありません。

(2)男性看護師に対する指導は当たりが強い
大きな病院であればチームナーシングの形式をとっている事が多いです。チームナーシングとはチーム単位で患者さんを受け持つことです。そのため、チーム内の看護師間で頻繁にコミュニケーションを取ります。チーム内で人間関係が悪ければ、職場は非常にギスギスしたものとなり、ストレスが溜まっていきます。また、チームナーシングをとっていなくても、先輩看護師達に色々指導を受けます。男性看護師に対する指導は当たりが強い事が多いです。これは、先輩看護師たちの愛情の裏返しとも言えますが、最初は非常に辛いです。男性だけに限りませんが、人間関係が原因で職場を変える看護師が多くいることを知っておいたほうがいいでしょう。

(3)医師と看護師は役割が違うことを認識しよう
看護師の職務は「患者さんの療養上の世話」と「医師の補助」そして「患者さんに対する健康教育」です。医師のように「治療」ができるわけではありません。この事はやはり医師の方が立場は上であると感じさせます(実際はそんなことはありません。あくまで気持ち的なものです。)。男性であれば尚更、自分と医師の立場を比べてしまうでしょう。医師と看護師は違う職種であり役割が違うことを認識したうえで、看護学部を選択する事が大切です。

看護学部へ進学しようと思う人は、進路選択時から自分が看護師になった姿をイメージしておくことが大切です。看護師は激務ですが、非常にやりがいのある職種です。男性看護師はこれからますます求められるので、人の役に立つ仕事をしたいと考えている男子受験生の方は、ぜひ看護学部を選択肢の1つに入れておくことをお勧めします。
(文責=千葉県立保健医療大学 看護学科 4回生 H.O.)

東京個別指導学院・関西個別指導学院
5

授業は1対1または1対2の完全個別指導演習を、学習目的に合わせて選ぶことが可能。質問や相談がしやすく、分からないまま進むことはありません。また、1人ひとりに合わせた専用のカリキュラムで、目標達成まで無理・無駄なく効率的に成績アップを目指せます。
時間割も学習計画も先生も1人ひとりにピッタリの個別対応。きめ細かなサポートで、志望校合格・成績アップへ導きます。週1回、1科目からでも受講OK!