トピックス

2016年度センター試験ボーダー公開。明治経営82%、青山総合文化政策87%、中央経済81%。

更新日:

1月20日より、河合塾のKei-netで「志望校合格可能性判定サービス(バンザイシステム)」と「センター・リサーチボーダーライン一覧」が公開されました。

「志望校合格可能性判定サービス(バンザイシステム)」は、センター試験の自己採点得点を入力し、志望校の大学名を指定すると、合格可能性判定や入試科目・配点、志望者の得点分布などが確認できるというもの。判定は、A(合格可能性80%以上)~E(合格可能性20%未満)の5段階で評価されます。

また、「センター・リサーチボーダーライン一覧」は、センター試験受験者から寄せられた自己採点データをもとに、国公立大二次試験や私立大センター試験利用入試への出願の目安となるボーダーラインを地域ごとに表にまとめたもの。

ボーダー得点は、センター前期4科目型の場合、明治大学経営学部82%・商学部85%、青山学院大学総合文化政策学部87%、中央大学経済学部81%などとなっています。

詳細は、河合塾「Kei-Net 2016年度大学入試センター試験特集」をご覧下さい。
http://www.keinet.ne.jp/center/index.html







編集部おすすめの学習教材

Z会Asteria(アステリア)

大学受験はもちろん、中学生から大人までが利用できるタブレット学習サービス
Z会の長年の指導実績と最新のテクノロジーとの融合により実現した、革新的な学習サービス。
英語4技能講座、数学新系統講座、総合探究講座(2017年7月開講・中学生推奨)の3つの講座があります。

スタディサプリ

受験生の2人に1人が利用するオンライン学習サービス。スタディサプリ高校講座・大学受験講座の2つの講座が合わせて月額980円(税抜)、年会費や初期費用も無料。 圧倒的な低価格で質の高い学習を提供しています。

進研ゼミ高校講座

約200大学9万問の入試分析から生まれた志望大レベル別プランや、高校別・レベル別の「厳選テキスト」、テキストと連動した1回約5分の「スマホ学習」の効率学習法で、授業で習ったことを無理なく入試レベルまで伸ばせる。進研ゼミ高校講座です。

他に、しまじろうでおなじみの、0〜6歳児向け幼児教育教材「こどもちゃれんじ」、進研ゼミ小学講座・中学講座、小学生用のチャレンジイングリッシュもあります。

-トピックス
-

Copyright© 厳選!ホンキの学校選び , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.