2016年度センター試験ボーダー公開。明治経営82%、青山総合文化政策87%、中央経済81%。

  • 2016年1月20日
  • 2017年4月26日
  • 特集

1月20日より、河合塾のKei-netで「志望校合格可能性判定サービス(バンザイシステム)」と「センター・リサーチボーダーライン一覧」が公開されました。

「志望校合格可能性判定サービス(バンザイシステム)」は、センター試験の自己採点得点を入力し、志望校の大学名を指定すると、合格可能性判定や入試科目・配点、志望者の得点分布などが確認できるというもの。判定は、A(合格可能性80%以上)~E(合格可能性20%未満)の5段階で評価されます。

また、「センター・リサーチボーダーライン一覧」は、センター試験受験者から寄せられた自己採点データをもとに、国公立大二次試験や私立大センター試験利用入試への出願の目安となるボーダーラインを地域ごとに表にまとめたもの。

ボーダー得点は、センター前期4科目型の場合、明治大学経営学部82%・商学部85%、青山学院大学総合文化政策学部87%、中央大学経済学部81%などとなっています。

詳細は、河合塾「Kei-Net 2016年度大学入試センター試験特集」をご覧下さい。
http://www.keinet.ne.jp/center/index.html


「やれば、できる」を合言葉に、全国で498教室を展開する個別指導塾「スタンダード」では、小・中・高全学年、全教科対応で、生徒2人に対し、講師1人でしっかり指導。

フランチャイズではなく全教室直営なので、どこよりも安く、そしてどこよりも親身な指導を全教室同一レベルで実施。お子さまのやる気を引き出し、勉強を習慣づけることで、お子さまの学力を伸ばします。

お子さまが「全く勉強しない」
「学校でも塾でも勉強についていけない」
「友達とどんどん差がついてる」などの
親御さんの悩みを解決します。

入会費用はいつでも0円、まずは5回の無料授業から始めて、お子さまにピッタリの講師を見つけてください。

詳細は下記サイトをご覧ください。
個別指導塾のスタンダード

Wam|実績ある学習塾によるオンライン学習システム

一人ひとりに応じた完全オーダーメイドカリキュラムで、日常学習のサポートから超難関受験対策まで幅広く対応しています。指導に当たるのは、東大生をはじめとする現役学生やプロ講師など。専用のオンライン授業システムで、問題を解く過程を講師がしっかり見守りながら授業を展開。さらに、AIで出題を自動調整された演習が学習効率を最大化。対話形式の「質問を促す」双方向授業で堅実な学力アップを実現します。「成績保証」制度あり。