2016年度センター試験ボーダー公開。明治経営82%、青山総合文化政策87%、中央経済81%。

  • 2016年1月20日
  • 2017年4月26日
  • 特集

1月20日より、河合塾のKei-netで「志望校合格可能性判定サービス(バンザイシステム)」と「センター・リサーチボーダーライン一覧」が公開されました。

「志望校合格可能性判定サービス(バンザイシステム)」は、センター試験の自己採点得点を入力し、志望校の大学名を指定すると、合格可能性判定や入試科目・配点、志望者の得点分布などが確認できるというもの。判定は、A(合格可能性80%以上)~E(合格可能性20%未満)の5段階で評価されます。

また、「センター・リサーチボーダーライン一覧」は、センター試験受験者から寄せられた自己採点データをもとに、国公立大二次試験や私立大センター試験利用入試への出願の目安となるボーダーラインを地域ごとに表にまとめたもの。

ボーダー得点は、センター前期4科目型の場合、明治大学経営学部82%・商学部85%、青山学院大学総合文化政策学部87%、中央大学経済学部81%などとなっています。

詳細は、河合塾「Kei-Net 2016年度大学入試センター試験特集」をご覧下さい。
http://www.keinet.ne.jp/center/index.html

定期テスト対策 から大学受験対策まで。
全授業が月額980円(税抜)~で見放題!

リクルート提供の「スタディサプリ」は、通信環境さえあればいつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができるオンライン学習サービスです。

定期テスト対策から大学受験対策まで、これ一つで十分。全授業が月額980円(税抜)~で見放題なんて、経済的にも大助かりですね。

スタディサプリの特徴

  1. 5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。
  2. 小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができる。
  3. 講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入できる。
  4. センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。
  5. 上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供。さらに無料体験も可能。

 

また、アプリ版もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。
さらに授業動画の速度調整も可能で、わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観ることができます。

毎日の予習復習、学び直しや先取り学習、定期テスト対策、受験対策など、一人一人の目的にあわせて利用できるのはありがたいですね。

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。