就職の常識

「就職活動ルールの撤廃」で、2021年卒生の就活はどうなる?

就活ルールの廃止がニュースで流れているけどどういうこと?
2018年10月9日、経団連は新卒採用活動の解禁時期などを定めたガイドラインである「採用選考に関する指針」を2021年春入社の新卒学生から廃止すると発表しました。

自分たちにはどう影響するの?と思っている高校生は少なくないのではないでしょうか。

就活ルールの廃止によって、大学生の就職活動がどのように変わるのか、どのようなことに備えておくべきなのか、詳しく紹介したいと思います。

そもそも就活ルールって何?

Q.企業による選考の開始時期です。

企業の団体である経団連(日本経済団体連合会)が就職活動の選考開始時期を決めていました。
これが企業の選考活動、つまり大学生の就職活動の時期の目安となっていたのです。

目安はあくまでも目安であって、「ほぼ」という意味です。

経団連に属していない企業は必ずしもこのルールを守る必要はないのです。
近年では、経団連に属している企業でさえもルールどおりには選考を行っていないというのが実情です。

どうして廃止になったの? 

Q.ルールが守られていなかったからです。

経団連は2018年10月9日、新卒採用活動の解禁時期などを定めたガイドラインである「採用選考に関する指針」を2021年春入社の新卒学生から廃止すると発表しました。

これまでのルールでは企業による説明会は3年生の3月から、面接は4年生6月からと定められていました。
しかし、実際には3月に面接を開始する企業が多いのが現状です。

就活の解禁時期

<ルールでは>
会社説明会 3年生の3月〜
面接 4年生の6月〜

<実際は…>
会社説明会 3年生の3月〜
面接 4年生の3月〜

「2019年卒・採用活動の感触等に関する緊急企業調査」(2018年3月調査 株式会社ディスコ)によると、面接の開始時期は、業界によって差があり、「IT」は3月に集中。
「メーカー」は3月と4月に分かれ、「商社・流通」「金融」は4月が最多です。

就職のルールが廃止になったらどうなるの?

Q.2021年卒は現行のルール継続

経団連は廃止を表明しましたが、政府は経済界、大学の3者で構成する協議会を作ってルールつくりをしていくことになっています。
いったんは2021年卒までは現行のルール継続ということに落ち着いていますが、それ以降については政府主導で議論をして決めていくことになっています。

もともと守られていなかったルールなので、ルール継続と決まっても実質的にはルールより早い選考活動になることが予想されています

これから入学する人はどうすればいいの? 

Q.1・2年からインターンシップに行こう

今後、大学生の就職活動はどうなっていくのか、不安に感じている高校生も多いと思います。
2019年卒は売り手市場と言われて、就職先を選ばなければ就職できる学生有利の状況ですが、今後は就活ルールも不透明ですし、景気もどうなるか分かりません。

確実にお勧めできることは、早期にインターンシップに行くことです。

今後、企業はより早い段階から優秀な学生と接点を持ちたいと思うでしょう。

学生の皆さんはインターンシップに行くことで、スキルを身につけることと、働くことを体験することができます。
大学は学ぶ場ですが、一方で社会に出るための準備をする場でもあります。
今後はますます、1年生のうちから社会に出ることを意識して自分を成長させることがより重要になってきます。

1年生のうちから社会に出ることを意識して自分を成長させることがより重要です