就職の常識

4年間にわたる就職支援プログラム

大学の就職支援体制は実にさまざまだ。就職に関する情報提供やインターンシップはもちろん、キャリアセンターを設置し、単なる就職支援に留まらない、人生設計を含めた幅広い学生のキャリア形成を支援している。
たとえば、1・2年次では「キャリアデザイン」と呼ばれるキャリア教育科目を正規のカリキュラムの中に組み入れ、将来の夢や未来像を描き、それに向かって大学4年間をいかに過ごすかを設計する。
また経済産業省が提唱する「社会人基礎力」の育成に取り組み、さまざまなプログラムを導入して、3つの能力(アクション:前に踏み出す力、シンキング:考え抜く力、チームワーク:チームで働く力)の修得を図る大学も増えている。
3年次になると、より具体的な就職対策プログラムがスタート。各種就職ガイダンスを開催し、インターンシップも本格化。後半からはいよいよ就職活動のスタート。本格的な就職対策やフォロー、キャリアセンタースタッフによる個別面談などが行われる。