進学の常識

43.2%の私立大学が定員割れ。3年連続定員割れの大学は要注意!

1992年(平成4年)の205万人をピークに右肩下がりで減少していた「18歳人口」ですが、2009年(平成21年)以降は安定し、120万人前後で推移していました。しかし2018年(平成30年)からは再び減少に拍車がかかり、2031年(平成43年)には100万人を切るであろうと予想されています。

一方、1991年に大学設置基準が緩和され、大学数が大幅に増えました。4年制大学は92年の523校から15年には779校となり、実に256校、約1.5倍にも増えました。大学数が増えただけではありません。既存の大学も学部・学科増設をここぞとばかりに行い、定員数は92年の54.2万人から15年は61.8万人になりました。

つまり、受験生は減少しているのに、受け入れ数は増加しているのです。結果、定員を確保できず、つぶれる大学が続出すると予想されています。これが、いわゆる大学関係者を震え上がらせている「2018年問題」です。2018年には、100校は閉校に追い込まれるであろうと言われています。

日本私立学校振興・共済事業団の調査によれば、2015年に定員を満たしている私立大学は579校のうち329校しかありませんでした。定員の80%未満の大学が114校、そのうち定員の半分にも満たない大学が13校もありました。

私立大学の定員充足率(日本私立学校振興・共済事業団調べ)

2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
充足率100%以上 349 313 344 313 329
充足率80〜100%未満 116 143 125 143 136
充足率50〜80%未満 91 103 91 107 101
充足率30〜50%未満 13 15 11 13 12
充足率30%未満 3 3 5 2 1
合計 572 577 576 578 579

自分の出身大学がなくなるのは悲しいものです。まして、在学中になくなれば、大学生活やその後の人生に大きく影響してきます。定員は超過しても国からの助成金が減額されるため、採りすぎた翌年は控えめの合格発表を行うため、1年くらいの定員割れはどこの大学でもありますが、3年連続定員割れは要注意。大学選びの参考にしてください。

2019年度の一般入試まで残りあとわずか!

受験生にとってはもう残りわずか。入試本番まで半年を切りました。
「そろろろラストスパートをかけなければ!」「思うように成績が上がらない」と、そろそろ焦りが出てきたのではありませんか?

そんな不安を一掃するためにおすすめしたいのが、リクルートが提供する「スタディサプリLIVE 冬期講習」です。

同じくリクルート提供の「スタディサプリ」は、通信環境さえあればいつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができるオンライン学習サービスですが、「スタディサプリLIVE」はそれとはちょっと違います。

「スタディサプリLIVE 冬期講習」は、大学受験生向けの短期講習です。

志望校に特化した最新情報をもとに、その時期受験生が必要な授業を、スタディサプリの人気講師陣が”生放送”で届けてくれるというもの。

つまり、中央大学法学部に合格したい人には中央大学法学部の入試に絞った授業を、立命館大学理工学部に合格したい人には立命館大学理工学部の入試に絞った授業を提供してくれるのです。
だから無駄がありません。しかもLIVEチャット機能搭載なので、一方通行の動画配信ではなく、質問することも可能。一緒に学ぶ仲間の声も聞けるので、一人で勉強するよりもモチベーションは格段に上がります

まさに大手予備校の冬期講習並み、いやそれ以上の授業を自宅に居ながら受けることができるのです。

「スタディサプリ」が月額980円〜で利用できるのに対し、「スタディサプリLIVE」の利用料はかなり高めに感じるかもしれません。
しかし「スタディサプリLIVE 冬期講習」で提供される学習内容は、名前はよく似ていても「スタディサプリ」とは全く別物です。
塾・予備校の冬期講習と比べれば格段に安く、しかもハイレベルな学習を提供してくれます。

どうしても志望校に現役合格したい方、何を勉強していいかわからない方、有名予備校までは遠すぎて自宅から通えない方、このような方は無料プレ講座も随時開催していますので、ぜひチェックしてみてください。

詳細は下記サイトをご覧ください↓
【スタディサプリLIVE】志望大別対策で弱点を克服