就職の常識

関関同立「就職ランキング」一流企業に強いのはどこ?

関西の有名私立大学出身のA君が、今年エントリーしたのは、東証一部上場企業を中心におよそ60社。最終面接までは残るのですが、最後の最後に「不採用」となり、人間不信にまで陥りかけました。何度も何度も東京の本社で行われる最終面接に望むのですが、あるとき、ハタと気づきました。「学歴が違いすぎる!」。
そうなんです。学歴フィルターの存在にやっと気づいたのです。研究職志望のA君が最後の面接で争うのは、東大、京大、早稲田、慶応などの錚々たるメンバー。偏差値もさることながら、彼らの能力は贔屓目にみても優れていました。知識に裏付けされたコミュニケーション力に長けていました。

偏差値の高い大学に入ったところで、本人が努力しなければ、明るい未来はありません。有名大学に進学すれば、将来が約束される時代ではないのです。しかし、入りたい企業からの採用実績がない、あっても過去に数人では、大学に入学してからの努力は並大抵ではありません。
そこで関関同立における2015年度の新卒採用実績をまとめてみました。

関西学院大学 関西大学 同志社大学 立命館大学
東京海上日動火災保険 29 8 27 12
日本生命保険 50 28 53 25
第一生命保険 7 16 7 11
三菱東京UFJ銀行 61 36 55 45
みづほフィナンシャルグループ 38 27 37 21
東海旅客鉄道(JR東海) 2 6 7 10
JTBグループ 15 14 10 25
セブン&アイ・ホールディングス 12 20 9 14
NTTドコモ 4 1 11 6
ヤフー 0 1 3 4
トヨタ自動車 4 7 13 15
富士フィルム 2 0 1 0
味の素 2 1 1 0
資生堂 0 3 2 3
電通 1 1 1 0
博報堂 4 0 2 2

これを見ると、関西学院大学は特に金融・保険関連に強く、同志社大学はオールマイティに強いようです。

定期テスト対策 から大学受験対策まで。全授業が月額980円(税抜)~で見放題!

リクルート提供の「スタディサプリ」は、通信環境さえあればいつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができるオンライン学習サービスです。

定期テスト対策から大学受験対策まで、これ一つで十分。全授業が月額980円(税抜)~で見放題なんて、経済的にも大助かりですね。

スタディサプリの特徴

  1. 5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。
  2. 小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができる。
  3. 講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入できる。
  4. センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。
  5. 上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供。さらに無料体験も可能。

 

また、アプリ版もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。
さらに授業動画の速度調整も可能で、わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観ることができます。

毎日の予習復習、学び直しや先取り学習、定期テスト対策、受験対策など、一人一人の目的にあわせて利用できるのはありがたいですね。

詳細ページ