就職の常識

関関同立「就職ランキング」一流企業に強いのはどこ?

関西の有名私立大学出身のA君が、今年エントリーしたのは、東証一部上場企業を中心におよそ60社。最終面接までは残るのですが、最後の最後に「不採用」となり、人間不信にまで陥りかけました。何度も何度も東京の本社で行われる最終面接に望むのですが、あるとき、ハタと気づきました。「学歴が違いすぎる!」。
そうなんです。学歴フィルターの存在にやっと気づいたのです。研究職志望のA君が最後の面接で争うのは、東大、京大、早稲田、慶応などの錚々たるメンバー。偏差値もさることながら、彼らの能力は贔屓目にみても優れていました。知識に裏付けされたコミュニケーション力に長けていました。

偏差値の高い大学に入ったところで、本人が努力しなければ、明るい未来はありません。有名大学に進学すれば、将来が約束される時代ではないのです。しかし、入りたい企業からの採用実績がない、あっても過去に数人では、大学に入学してからの努力は並大抵ではありません。
そこで関関同立における2015年度の新卒採用実績をまとめてみました。

関西学院大学 関西大学 同志社大学 立命館大学
東京海上日動火災保険 29 8 27 12
日本生命保険 50 28 53 25
第一生命保険 7 16 7 11
三菱東京UFJ銀行 61 36 55 45
みづほフィナンシャルグループ 38 27 37 21
東海旅客鉄道(JR東海) 2 6 7 10
JTBグループ 15 14 10 25
セブン&アイ・ホールディングス 12 20 9 14
NTTドコモ 4 1 11 6
ヤフー 0 1 3 4
トヨタ自動車 4 7 13 15
富士フィルム 2 0 1 0
味の素 2 1 1 0
資生堂 0 3 2 3
電通 1 1 1 0
博報堂 4 0 2 2

これを見ると、関西学院大学は特に金融・保険関連に強く、同志社大学はオールマイティに強いようです。

2019年度の一般入試まで残りあとわずか!

受験生にとってはもう残りわずか。入試本番まで半年を切りました。
「そろろろラストスパートをかけなければ!」「思うように成績が上がらない」と、そろそろ焦りが出てきたのではありませんか?

そんな不安を一掃するためにおすすめしたいのが、リクルートが提供する「スタディサプリLIVE 冬期講習」です。

同じくリクルート提供の「スタディサプリ」は、通信環境さえあればいつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができるオンライン学習サービスですが、「スタディサプリLIVE」はそれとはちょっと違います。

「スタディサプリLIVE 冬期講習」は、大学受験生向けの短期講習です。

志望校に特化した最新情報をもとに、その時期受験生が必要な授業を、スタディサプリの人気講師陣が”生放送”で届けてくれるというもの。

つまり、中央大学法学部に合格したい人には中央大学法学部の入試に絞った授業を、立命館大学理工学部に合格したい人には立命館大学理工学部の入試に絞った授業を提供してくれるのです。
だから無駄がありません。しかもLIVEチャット機能搭載なので、一方通行の動画配信ではなく、質問することも可能。一緒に学ぶ仲間の声も聞けるので、一人で勉強するよりもモチベーションは格段に上がります

まさに大手予備校の冬期講習並み、いやそれ以上の授業を自宅に居ながら受けることができるのです。

「スタディサプリ」が月額980円〜で利用できるのに対し、「スタディサプリLIVE」の利用料はかなり高めに感じるかもしれません。
しかし「スタディサプリLIVE 冬期講習」で提供される学習内容は、名前はよく似ていても「スタディサプリ」とは全く別物です。
塾・予備校の冬期講習と比べれば格段に安く、しかもハイレベルな学習を提供してくれます。

どうしても志望校に現役合格したい方、何を勉強していいかわからない方、有名予備校までは遠すぎて自宅から通えない方、このような方は無料プレ講座も随時開催していますので、ぜひチェックしてみてください。

詳細は下記サイトをご覧ください↓
【スタディサプリLIVE】志望大別対策で弱点を克服