【学部研究】医学部|医者になるためには?

古今東西「お医者さん」は多くの人の憧れの職業です。憧れているだけではお医者さんになることはできません。「どうしたらお医者さんになれるのか?」を詳しく解説していきたいと思います。お医者さん志望の方必見です!

医師免許の取得が必須

医師免許取得のための国家試験の受験資格は下記になります。

・医学部の正規課程(医学部医学科6年制)を収めて卒業した者
・防衛医科大学校卒業生
・医師国家試験予備試験*に合格し、合格後1年以上の診療及び公衆衛生に関する実地修練を経た者
・外国の医学校を卒業、または外国で医師免許を得た者で厚生労働大臣が認めた者
・試験実施年の3月中までに大学の医学正規課程を卒業する見込の者*医師国家試験予備試験は外国の医学校を卒業、または外国で医師免許を得た者で厚生労働大臣が認めた者のみ受験資格を与えられます

このように、お医者さんになるためには「医学部」に進学することが必須条件になっています。外国の医学部を卒業または外国で医師免許を取得した場合は医師国家試験予備試験を受験しなければなりません、医師国家試験予備試験の合格率は50%前後と合格するためには狭き門になっています。

医師国家試験の合格率は?

2016年に行われた第110回医師国家試験の合格率は91.5%と高い合格率になっています。これは上記のような厳しい条件をクリアしてきた人しか受験資格が与えられないことに起因しています。決して「簡単」な試験だからというわけではなりません。
合格率は国立大学91.7%、公立大学95.4%、私立大学91.6%となっており、大差がない結果となっています。合格率のワースト3の大学でも合格率は85%前後と高い数値になっています。ですから、医学部を卒業すれば、高確率でお医者さんになれるのです。

気になる医学部の偏差値は?

医学部を卒業すれば、高確率でお医者さんになれることがわかりました。医学部に合格するためには、最低でもどのくらいの偏差値が必要なのでしょうか?

医学部偏差値ワースト5~国公立編

1)旭川医科大学 68
2)福島県立医科大学 68
3)高知大学 68
4)佐賀大学 68
5)琉球大学 68

参考:大学偏差値情報
http://daigakujyuken2.boy.jp/zenkokuigakuburanking.html

トップは東京大学の80になっています。ワーストといっても偏差値68もあり、かなり難易度が高くなっています。

医学部偏差値ワースト5~私立編

1) 藤田保健衛生大 66
帝京大学
北里大学
岩手医科大学
2) 埼玉医科大学 65
3) 杏林大学 65
4) 聖マリアンナ医科大学  65
5) 獨協医科大学 64

参考:大学偏差値情報
http://daigakujyuken2.boy.jp/zenkokuigakuburanking.html

トップは慶應義塾大学の偏差値76になっています。こうしてみると国公立のワースト偏差値が68ですから、国公立でも私立でも医学部に入学するためにはかなり高い偏差値が必要であることがわかります。

憧れの「お医者さん」になるには医学部を卒業するしか道はありません。医学部は私立でも偏差値がかなり高くなっているので、医学部に進学を希望する方はしっかり勉強しましょう。