女子大の研究Vol.1 武庫川女子大学

関西での知名度は高く、同志社女子大学、京都女子大学、神戸女学院大学と並び、関西四女子大学の一角をなす武庫川女子大学。今回は、そんな武庫女(むこじょ)を紹介します。志望校選びに迷っている方はぜひ参考にしてください。

アウトライン|1万人が学ぶ女子大最大の総合大学

武庫川女子大学のキャンパスは、大阪・梅田と神戸・三宮の中間地、兵庫県西宮市にあり、アクセスは非常に便利です。キャンパスは3つありますが、いずれも西宮市内です。

メインとなる中央キャンパスに、文学部、健康・スポーツ科学部、生活環境学部、音楽学部、看護学部があり、浜甲子園キャンパスに薬学部、そして旧甲子園ホテルを保存再生した上甲子園キャンパスに生活環境学部の建築学科があります。

また、アメリカ・ワシントン州に分校があるなど、施設・設備面では非常に優れています。

そのため、受験生からの人気も高く、学生数は6学部合わせて8,439人(2016年度)。短大、大学院を合わせると1万人以上が学んでいます。

これだけの規模を誇る大学は例がなく、学生数では全国の女子大学の中でナンバー1となっています。ちなみに大学院は男女共学です。

イメージ|地味で真面目から躍動的な女性へ変貌

筆者の学生時代、つまり昭和の時代ですが、武庫女は地味で真面目なイメージでした。筆者が通っていた関西学院大学(西宮市)の周辺には、当時、聖和女子大学、神戸女学院大学、武庫川女子大学などの女子大学がありました。

聖和女子大学は、1982年に男女共学となり、2009年に学校法人関西学院と合併し、関西学院大学教育学部になりました。
何を隠そう、筆者は関西学院大学文学部教育学科の出身です。今の時代なら、聖和キャンパスへ通うことになっていたのです。

話はそれましたが、神戸女学院大学、通称・女学院は当時からお嬢さんのイメージが強くありました。芦屋のエエしのお嬢さんが通う大学で、ちょっと高嶺の花でした。学力レベルも高く、関学と同等レベルかそれ以上。英和女学校を前身とするだけに、英語教育なら、国立神戸大学レベルでした。

ちなみに聖和女子大学と神戸女学院大学の校舎は、関西学院大学と同じウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計です。

そして武庫川女子大学。言葉は悪いのですが、神戸女学院が阪急百貨店とするなら、武庫川女子大学は万代百貨店、つまり地元のスーパー的なイメージしか持っていませんでした。もちろん、あくまでも当時の筆者の主観です。

男子学生の間では「彼女にするなら女学院、嫁にするなら武庫女」と言われていました。
筆者が所属するサークルにも武庫女の学生が出入りしていましたが、黒い制服で、どちらかといえば体育会系です。それが今や神戸女学院を抜き去る位置にいるとは、かなりの驚愕です。

教育関係に携わる筆者でさえ、これですから、40代・50代の保護者の方々が、娘さんが「武庫女に進学したい」と言っても、「武庫女???」ってなるのも無理はないと思います。

しかし、時代は大きく変わりました。

圧倒的な学生数・キャパシティを武器に、積極的な教育改革を行ってきた武庫女は今や神戸女学院を抜き去り、女子大ビッグ3に名をつらねる勢いです。
それどころか、今や女子高校生からの人気度では、①武庫川女子大学、②同志社女子大学、③京都女子大学、④神戸女学院大学となっています。

最近の武庫女|女子大初の建築学科を皮切りに、医療・健康系に力を注ぐ

武庫女が変わり始めたのは、2006年に女子大としては初めての建築学科を生活環境学部に開設したころ。同年、薬学教育6年制の移行により、薬学部薬学科を6年制に移行し、4年制の健康生命科学科を設置しました。
2011年4月には健康・スポーツ科学部を、そして2015年4月には看護学部を設置しています。
武庫女の特徴は、それぞれの学部に短大と大学院研究科が紐付いていること。短大から大学への編入学も可能なため、入試当初は学力が足らなくて短大へ入学したとしても、短大でその勉強に興味を持てれば大学へ、そしてさらに研究を進めたければ大学院で学ぶことができるわけです。

ランキング|キャパが大きいだけに、全国でもトップクラス

武庫女はマンモスであるがゆえに、女子大特有のきめ細かなサポートには欠けますが、学びたい人には最高のキャンパスだと思います。

「大学ランキング2018」(朝日新聞出版)による全国女子大ランキングでの武庫女の位置付けは

全国女子大ランキング

・一般入試志願者数 12,129人(2位)
・学生数 8,439人(1位)
・高校からの評価 4.50ポイント(9位)
・科研費教員1人あたり 455,000円(7位)

となっています。特に学生数に関しては2位の大妻女子大(6,653人)、3位の同志社女子大(6,456人)を圧倒的に引き離しています。

学生数の多さも手伝って、進路に関しても、

武庫川女子大学の進路

・小学校教員採用 148人(1位)
・警察官採用 11人(1位)
・管理栄養士試験合格 206人(2位)
・社会福祉士試験合格 36人(4位)

となっています。しかし、これらはあくまでも人数レベルのランキングなので、本人の努力が大切です。

入試難易度|偏差値45〜52レベル。全体から見れば真ん中やや下あたり

では、武庫女に入学するのにはどのくらいの学力が必要なのでしょう。
河合塾による入試難易度(偏差値)は下記の通りとなっています。

学科別入試難易度 ※( )内はライバル校の入試難易度

  • 文学部
    日本語日本文学科 47.5(甲南女子大学 日本語日本文化学科40.0)
    英語文化学科 45.0〜47.5(神戸女学院大学 英文学科45.0〜47.5)
    教育学科 47.5〜52.5(神戸女子大学 教育学科45.0〜47.5)
    心理・社会福祉学科 47.5〜50.0(神戸女学院大学 心理・行動科学科45.0〜47.5)
  • 健康・スポーツ科学部
    健康・スポーツ科学科 45.0〜50.0(神戸女子大学 ジュニアスポーツ教育学科(35.0〜37.5)
  • 生活環境学部
    生活環境学科 50.0〜52.5(神戸女学院大学 環境・バイオサイエンス学科40.0〜47.5)
    食物栄養学科 50.0〜52.5
    情報メディア学科 45.0〜47.5(同志社女子大学 情報メディア学科50.0)
    建築学科 47.5(京都女子大学 生活造形学科52.5〜55.0)
  • 音楽学部
    応用音楽科 37.5〜40.0(神戸女学院大学 ミュージック・クリエーション学科35.0)
  • 薬学部
    薬学科 47.5(同志社女子大学 医療薬学科52.5)
    健康生命薬学科 47.5
  • 看護学部
    看護学科 50.0(甲南女子大学 看護学科47.5〜50.0)

編集部オススメの学科|女性の一級建築士を目指すなら、武庫女一択!

武庫女で特におすすめしたいのは、健康・スポーツ科学科と建築学科です。

健康・スポーツ科学は、学校や企業、地域で活躍するスポーツ指導者、ジムのインストラクターを養成する学科ですが、中学校・高等学校の体育の先生をめざす人に最適です。
関西の女子大で中学校・高等教諭一種免許状(保健体育)が取得できるのは、他に園田学園女子大学、神戸親和女子大学の2校しかありません。

また、建築学科は、女子大で一級建築士をめざすのなら、武庫女一択でしょう。
一級建築士になるためには、建築関係の学科を卒業後2年の実務経験が必要です。また国家試験の難易度は2級建築士とは比べものにならないくらい高く、合格率は毎年10%前後という超難関資格です。
はっきり言って女子大レベルの力では到底及びません。
その点、武庫女の建築学科は大学院も連携して、非常にハイレベルな教育を展開しています。
結果、2016年15人、2015年13人の合格者を輩出。女子大の中では最高レベルです。ちなみにかの名門慶応義塾大学は2016年14人、2015年20人。

定員・入学志願者数・合格者数(2016年度)

  • 文学部(定員735名/入学志願者数8,021名/合格者数2,263人)
    日本語日本文学科、英語文化学科、教育学科、心理・社会福祉学科
  • 健康・スポーツ科学部(定員150名/入学志願者数1,604名/合格者数410人)
    健康・スポーツ科学科
  • 生活環境学部(定員520名/入学志願者数7,113名/合格者数1,492人)
    生活環境学科、食物栄養学科、情報メディア学科、建築学科
  • 音楽学部(定員50名/入学志願者数165名/合格者数98人)
    演奏学科、応用音楽学科
  • 薬学部
    薬学科(6年制)(定員210名/入学志願者数2,047名/合格者数539人)
    健康生命薬科学科(4年制)(定員40名/入学志願者数200名/合格者数87人)
  • 看護学部(定員80名/入学志願者数1,487名/合格者数210人)
    看護学科

 

2017年度オープンキャンパス
日程
8月11日(金・祝)※福井、岡山、香川、徳島から無料送迎バスあり
8月12日(土)
9月24日(日)

時間
12:30〜16:30

会場
3キャンパス同時開催
中央キャンパス
浜甲子園キャンパス(薬学部)
上甲子園キャンパス(建築学科)

オープンキャンパスの詳細

 

武庫川女子大学の詳細はコチラ!