関関同立「2015年度就職ランキング」一流企業に強いのはどこ?

関西の有名私立大学出身のA君が、今年エントリーしたのは、東証一部上場企業を中心におよそ60社。最終面接までは残るのですが、最後の最後に「不採用」となり、人間不信にまで陥りかけました。何度も何度も東京の本社で行われる最終面接に望むのですが、あるとき、ハタと気づきました。「学歴が違いすぎる!」。
そうなんです。学歴フィルターの存在にやっと気づいたのです。研究職志望のA君が最後の面接で争うのは、東大、京大、早稲田、慶応などの錚々たるメンバー。偏差値もさることながら、彼らの能力は贔屓目にみても優れていました。知識に裏付けされたコミュニケーション力に長けていました。

偏差値の高い大学に入ったところで、本人が努力しなければ、明るい未来はありません。有名大学に進学すれば、将来が約束される時代ではないのです。しかし、入りたい企業からの採用実績がない、あっても過去に数人では、大学に入学してからの努力は並大抵ではありません。
そこで関関同立における2015年度の新卒採用実績をまとめてみました。

関西学院大学 関西大学 同志社大学 立命館大学
東京海上日動火災保険 29 8 27 12
日本生命保険 50 28 53 25
第一生命保険 7 16 7 11
三菱東京UFJ銀行 61 36 55 45
みづほフィナンシャルグループ 38 27 37 21
東海旅客鉄道(JR東海) 2 6 7 10
JTBグループ 15 14 10 25
セブン&アイ・ホールディングス 12 20 9 14
NTTドコモ 4 1 11 6
ヤフー 0 1 3 4
トヨタ自動車 4 7 13 15
富士フィルム 2 0 1 0
味の素 2 1 1 0
資生堂 0 3 2 3
電通 1 1 1 0
博報堂 4 0 2 2

これを見ると、関西学院大学は特に金融・保険関連に強く、同志社大学はオールマイティに強いようです。