志望校選び「早稲田と慶應」どちらを受験すればいい?


数ある私立大学の中でもトップを争っていると言われる2つの大学があります。それは言わずもがな、誰もが知っている早稲田大学と慶應義塾大学です。偏差値ではやや慶應が上と言われることもありますが、果たして早稲田と慶應、いったいどちらの大学に進学するのがいいのでしょう。

早稲田合格のカギは、基礎問題の取りこぼしをなくすこと

早稲田の入試問題は、私学トップクラスと言われるだけあって、難しい問題が多くなっています。難問には2種類あると言われます。1つは誰もが解けないような、いわゆる悪問です。もう一つは、本当に実力のある人しか解けない良問と言われる問題。早稲田の問題は後者です。付け焼刃な知識では通用しません。しかし、基礎的な問題も多いために、学部によっても異なりますが、合格するには基礎問題をすべて正解し、難問を3割ほど正解すれば受かると言われています。

慶應合格のカギは、小論文と英語

一方で、慶應は特殊な形式を取っています。慶應の入試科目には、国語がないのです。その代わりに小論文が出題されます。慶應と早稲田を併願して受験するのは難しいと言われる所以がこの小論文です。一般入試で私学を受験する生徒達は小論文を勉強することはありませんが、慶應を受けるためには、小論文を勉強しなければなりません。また一概に言うことはできませんが、小論文の他の科目は、英語と選択科目である学部が多くなっています。英語も選択科目も、基礎的な内容はほぼ出ません。難易度は早稲田と比べてもかなり高めです。

3教科まんべんなくは早稲田、特定科目に強い人は慶應

このようにして、入試問題を分析してみると、難問も出題されますが、基礎問題の割合も多い早稲田が合格しやすいと言えます。ただし、早稲田は3教科まんべんなく取れていないと、合格できないため、特定の科目に自信がある人は慶應、まんべんなく点数が取れるという人は早稲田を受けるといいでしょう。双方の大学は、その入試問題の内容がはるかに違うため、志望校を決める際には、どちらか一校を目指したほうが合格しやすいと言うことができるでしょう。

就職率から見る「早稲田と慶應」

東洋経済オンラインの「本当に強い大学ランキング2013」によると、1位は東大、2位は京大、そして3位が慶應でした。慶應の就職率は86%、上場企業の役員数は2134人。一方で、早稲田は8位で、その就職率は78.5%、上場企業役員数は1897人でした。3位と8位と聞くと大きく差が離れているように見えますが、数字的にはそこまで違いは見られません。また、他の年は早稲田のほうが就職率の高い年もあります。同ランキングの2016年版では、早稲田2位、慶應3位となっています。それに、学歴だけで大手企業に就職できると言ったわけでもありません。

公認会計士をめざすなら慶應へ

しかし、慶應と早稲田にはあることによって大きな違いがあります。それは公認会計士の輩出数です。公認会計士三田会によると2014年の輩出数は、慶應が120人、早稲田が94人というものになっています。慶應には公認会計士養成所とまで言われる同窓会組織三田会があるため、ほとんどの年で公認会計士輩出数は慶應が1位をキープしています。就職率を見ると、さほど変わりませんが、公認会計士になりたいという人は慶應がいいでしょう。

自分の成長できる大学を選ぼう

合格難易度、就職率と見てきたが、どちらの大学が良いと一概に言うことはできません。大切なことは、「その大学に入学して、どれだけ成長できるか」ということ。大学に入学すると、そこから卒業するまでには4年もの歳月がかかります。4年間をどれだけ自分のために使えるか、それを視野に入れてみるといいでしょう。早稲田と慶應、どちらも私学の中でトップの大学ですが、その校風や雰囲気は全く異なるもの。4年間どちらに身を置けば、自分が成長できるのか考えてみるとよいかもしれません。その答えは人によって違うものになるでしょう。

(文責/あべそた)