AO入試志願者のためのオープンキャンパスの心得

いよいよ今年も夏のオープンキャンパスの時期がやってきました。自分が思い描く学校とは巡り合えたでしょうか。
今や学校選びの定番となったオープンキャンパスですが、一般入試や推薦入試志願者とAO入試志願者とでは事情が異なります。

というのは、AO入試志願者にとって、オープンキャンパスそのものが入試だからです。一般入試・推薦入試志願者とは自ずと臨み方も違ってきます。

では、AO入試志願者はどのような点を心がければいいのでしょう。

AO入試志願者が心がける点は?

大切なことは、オープンキャンパスに参加した後は必ず記録をつけるようにしましょう。
「よかったところはどこか」、逆に「よくなかったところはどこか」などです。

参加後は記録をつけよう

どこが、どのように、よかったのか

オープンキャンパスに参加したら、印象や記憶が鮮明に残っているうちに、紙に書くようにしましょう。メモ書きのようなのものでかまいませんので、可能であればその日のうちに書いておきましょう。
内容は、思いついたことでかまいませんが、できるだけ具体的に、「どこが」「どのように」よかったのか、さらに「なぜよかったのか」などまで踏み込めて書ければベストです。

このメモが後々、志望理由や面接のときに、効果を発揮します。

オープンキャンパスのメモが志望理由や面接時に役立つ

いいことばかりではなく、よくなかったところも書いておこう

よくなかったことや疑問に思ったことを書いておくことは、別の大学を見学したときに役立ちます。学校や在校生に尋ねたり、比較してみたりすることで、より一層、進路が明確になり、行きたい学校が見えてきます。

オープンキャンパスは年に数回しかない貴重な機会です。
無駄にしないように、有効に利用しましょう。

 


「やれば、できる」を合言葉に、全国で498教室を展開する個別指導塾「スタンダード」では、小・中・高全学年、全教科対応で、生徒2人に対し、講師1人でしっかり指導。

フランチャイズではなく全教室直営なので、どこよりも安く、そしてどこよりも親身な指導を全教室同一レベルで実施。お子さまのやる気を引き出し、勉強を習慣づけることで、お子さまの学力を伸ばします。

お子さまが「全く勉強しない」
「学校でも塾でも勉強についていけない」
「友達とどんどん差がついてる」などの
親御さんの悩みを解決します。

入会費用はいつでも0円、まずは5回の無料授業から始めて、お子さまにピッタリの講師を見つけてください。

詳細は下記サイトをご覧ください。
個別指導塾のスタンダード

Wam|実績ある学習塾によるオンライン学習システム

一人ひとりに応じた完全オーダーメイドカリキュラムで、日常学習のサポートから超難関受験対策まで幅広く対応しています。指導に当たるのは、東大生をはじめとする現役学生やプロ講師など。専用のオンライン授業システムで、問題を解く過程を講師がしっかり見守りながら授業を展開。さらに、AIで出題を自動調整された演習が学習効率を最大化。対話形式の「質問を促す」双方向授業で堅実な学力アップを実現します。「成績保証」制度あり。