女子大の研究

跡見学園女子大学|4年間を存分に楽しみながら、卒業後はきっちり大手企業に就職

一般の大学に比べて難易度が低く入りやすいのに、手厚いフォローで入学してからの伸びしろは大きく、また就職率も高い女子大学。せっかく女子大学に入学できる資格を持っているのですから、志望校の候補からはずのは余りにももったいない。

そこで、人気女子大学の一つでもある「跡見学園女子大学」の人気、難易度、イメージ、ブランドなどについて紹介しましょう。
大学選びの参考にしてください。

立ち位置|関東の女子大では最も派手なイメージを持つ

通称は「跡見」「跡見女子大」。
1〜2年次を埼玉の新座キャンパスで、3年からは東京の文京キャンパスで学ぶので注意が必要です。

「ごきげんよう」の挨拶を発祥した大学として有名で、今でもキャンパス内で「ごきげんよう」の挨拶が飛び交います。

校風はずはり派手
関東の女子大では最も派手かもしれません。

かつては女子大ならではの手厚いフォローで「大東亜帝国に行くなら、跡見」とも言われていましたが、女子大人気の凋落により人気度は下降気味です。入試難易度的には、30.0〜42.5(河合塾調べ)とかなり入りやすくなっています。

しかし、就職に関するフォローは相変わらず丁寧で、在校生・卒業生の評価は高くなっています。

跡見学園女子大学のデータ

【定員】3,680名
【在籍学生数】3,883名
【偏差値】(河合塾調べ)
文学部 人文学科 40.0
文学部 現代文化表現学科 40.0
文学部 コミュニケーション文化学科 40.0
マネジメント学部 マネジメント学科 40.0
マネジメント学部 生活環境マネジメント学科 40.0
観光コミュニティ学部 観光デザイン学科 42.5
観光コミュニティ学部 コミュニティデザイン学科 35.0

ブランド|いまは中止のミスコンは男性からも大人気。モテ度はかなり高め

跡見のイメージは、ずはり「派手」です。
今風の派手な学生が多く、女子大の中ではかなりモテる大学です。

2016年まで開催されていたい「跡見ミスコン」はかなりの人気で、多くの学生モデルを輩出してきました。
しかし、残念ながら2016年を最後に中止されています。

ただし、大学での生活が当たり前だと思っていると、髪色や服装など就活のときに苦労することがあるかもしれません。

就活の時に気をつけたほうがいいのは、髪色。企業合同の説明会の時に普段の髪色で行った友達がとても浮いたと言っていた。

キャンパスライフ|学内よりも学外に活動の場を求める学生が多い

本部は東京にありますが、キャンパスは2つ。埼玉県と東京都文京区にあります。学内の活動は少なく、どちらかといえば活動の場をアルバイトや他大学のインカレサークルなど、学外に求める人が多いようです。

第一志望で入学している人が少なかったためか、入学後しばらくは大学生活のモチベーションが低く、授業も真面目に受けない人が多い印象が強い。大学以外で学生生活を充実させている人が多かった。
学内の繋がりはあまり強くない。他大学のインカレサークルに所属している人が多かったので、そこでの交友関係を大事にしている人が多かった。

卒業後|手厚いフォローが自慢。金融関係に多くの卒業生を輩出

卒業生には俳優の白川和子、元アナウンサーの吉野文、短大出身でタレントの森下悠里ら。女子大らしく就職率は高め。みずほフィナンシャルグループ、三井住友銀行、日本生命保険など、金融・損保関係に進む人が多くいます。

就職活動の実績は女子大なのでとてもいいです。どの学科も90パーセントを超えています。先生方もたくさん相談に乗ってくれます。
就職活動についての説明会やサポートは充実しています。頻繁に開催されるので、自分のスケジュールに合わせて参加できます。

東京都文京区大塚1-5-2
TEL.03-3941-7420

詳細はこちら