小・中学生対象

子どもを有名私立中学校に入れるために必要なお金は?

最近は東京圏だけでなく、全国的に中学受験がブームになってきました。
特に関西圏での過熱化が著しくなっています。

理由はさまざまあります。

学区制廃止により、公立高校のレベル格差が大きくなったこと。
また、「大学受験で苦労させたくない」という親の気持ちもあるでしょう。
さらには、昨今の医学部ブームの影響で「医者にさせたい」というサラリーマン家庭も増えています。

では中学受験にはいくらくらい必要なのでしょうか。

中学受験には200〜300万円が必要

灘や東大寺学園などの有名進学中学校に合格するためには、学校の勉強だけでは到底不可能です。
たいていは小学校4年生から進学塾に通い、受験対策に取り組みます。

4〜5年生で2万円、6年生では5万円以上

進学塾の月謝は、4年生や5年生では月額2万円程度と、一般の塾とほぼ変わりませんが、6年生になるとグンと高額になってきます。

たとえば首都圏と関西圏で47校を開校する中学受験の大手「SAPIX(サピックス)」の場合、6年生の月謝は5万6,700円(税込)。これ以外に特別講習費等が必要です。
また、難関中学校への受験に特化した関西の進学塾「希(のぞみ)学園」の場合、6年生のベーシック3教科で月額5万2,920円(税込)。その他に入会金や教材費が必要です。

模擬テスト代や検定料も

この他にも模擬テスト代や夏期講習・冬期講習などの費用も必要になってきます。
そのため中学受験にかかる塾代は、200万円〜300万円が必要と言われています。

また、試験を受けるための検定料も必要です。
検定料は1校あたり2万円〜3万円ですが、およそ一人あたり3〜5校を受験しますので、10万円近くをみておく必要があります。

受験対策と学費を合わせて約450万円

これだけはありません。
晴れて入学すれば、今度は中学校の入学金や学費が必要になってきます。
東京都の場合、私立中学校の入学金の平均は約26万円で、授業料は47万円。そのほかにも施設費や寄付金などが必要になります。
平成31年度の初年度納入金は95万9,770円。2年目以降は年間70万2,791円が必要です。

東京都私立中学校 平成31年度初年度納付金の平均

入学金 256,979円
授業料 473,467円
施設費 40,436円
その他 188,888円
総額 959,770円

公立中学校に行けば、授業料や教科書代は無償ですが、これが私立中学校となると3年間の受験費用と中学3年間の学費で約450万円近くもかかってしまいます。
このお金を無駄にしないように、目標を見据えたしっかりした計画が必要です。

定期テスト対策 から大学受験対策まで。全授業が月額980円(税抜)~で見放題!

リクルート提供の「スタディサプリ」は、通信環境さえあればいつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができるオンライン学習サービスです。

定期テスト対策から大学受験対策まで、これ一つで十分。全授業が月額980円(税抜)~で見放題なんて、経済的にも大助かりですね。

スタディサプリの特徴

  1. 5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。
  2. 小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができる。
  3. 講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入できる。
  4. センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。
  5. 上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供。さらに無料体験も可能。

 

また、アプリ版もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。
さらに授業動画の速度調整も可能で、わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観ることができます。

毎日の予習復習、学び直しや先取り学習、定期テスト対策、受験対策など、一人一人の目的にあわせて利用できるのはありがたいですね。

詳細ページ