摂南大学|2020年4月、大阪府内唯一の農学部が誕生


摂南大学農学部の開設が正式に決まった。同大学では、2020年4月の農学部開設に向け、設置認可申請書類を文部科学省に提出していたが、今回、正式に設置が認可された。

大阪府の農学系学部としては、近畿の大学で唯一の獣医学領域を設置する大阪府立大学があるが、2005年の3大学(大阪府立大学、大阪女子大学、大阪府立看護大学)の統合を機に、農学部から生命環境科学部(現:生命環境科学域)へ改称されたため、「農学部」の名称としては大阪府内唯一となる。

なお、近畿大学農学部が奈良県、龍谷大学農学部が滋賀県にある。

「食」と「農」に関わる4学科

摂南大学農学部は、農業生産学科、応用生物科学科、食品栄養学科(管理栄養士養成課程[予定])、食農ビジネス学科(文系学科)の4学科で構成され、入学定員は340名。

各学科の専門領域を深く学ぶとともに「食」と「農」に関わる一連のプロセスを体系的に学ぶカリキュラムにより、すべての学科において、「農業生産」「環境・生態系」「バイオ技術」「産業創生」「食の安全・安心」「医療・健康」「国際協力支援」「豊かな持続可能社会」などの幅広い農学の知識・技能を身につけた人材の養成をめざす。

【農学部設置認可概要】
・学部学科名称:農学部(農業生産学科、応用生物科学科、食品栄養学科、食農ビジネス学科)
・就業年数  :4年
・入学定員数 :340人
・教員数   :64名
       (農業生産学科80名、応用生物科学科80名、食品栄養学科80名、食農ビジネス学科100名)
・設置日   :2020年4月1日

・設置場所  :枚方キャンパス(大阪府枚方市長尾峠町45-1)
※農学部HP  : https://www.setsunan.ac.jp/nyushika/nogaku/