関西の学校

大阪教育大学の現役学生がパンフレットでは分からない母校の魅力を大解説!

大学を決める時って、ホームページを見たり、オープンキャンパスに行く人も多いと思いますが、実際に通っている人の声を聞けることってなかなかないですよね…。

TAO
TAO
そこで、今回は大阪府にある大阪教育大学=大教に通う筆者が、大教生の視点で大解説しちゃいます!
関西の教育大を視野に入れている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

立ち位置|関西教育系大学の最高峰

大教は学部学科にもよりますが、偏差値50〜57.5、センター試験得点率は65〜76%(ともに河合塾調査)とされています。
関西圏で大教と偏差値が近い教育大学が京都教育大学、奈良教育大学です。
私立でいうと、関関同立と同じくらいになります。
大教はセンター試験での得点が求められるので大教を考えている人は早め早めに対策をしておきましょう。

ブランド力|大阪の教育関係者の多くは大教出身者

大教ブランドはぶっちゃけあります!
大阪府や大阪市の教育関係者には大教出身の人がとても多いです。
それくらい歴史ある教員養成大学なので、少なくとも関西で大教を知らない人はいないと思いますし、大教出身ということは「ある程度ちゃんと勉強してきた人」というイメージを持たれることが多いです。

また、大教は「教員を目指す」ことを前提として授業が行われるので、現場に立つために必要な授業がたくさん開講されています。
授業内で模擬授業をやる機会も多いですし、実際の学校で授業をみる機会もたくさんあります。

TAO
TAO
先生になりたい!という人にはぜひオススメしたい大学です。

キャンパス|登校は「登山」、下校は「下山」

大教のキャンパスは大阪府柏原市にあります。
大阪と奈良の県境。ほぼ奈良に近いところに位置しています。

交通アクセスは近鉄大阪線で鶴橋駅から区間準急で約30分前後というところでしょうか。
最寄り駅は「大阪教育大前駅」になります。

駅からは徒歩で15分程度でキャンパスに到着しますが、キャンパスはなんと山の上にあります
大教生は登校を登山、帰ることを下山という言い方をするのですが、本当に山登りに近い感覚です。
駅から長い坂を歩いた後になんとエスカレーターを3機乗り継ぐことになります。

ぜひオープンキャンパスで登下校ならぬ、登山下山を体験してみてください!
「そんなに体力ない…」と心配する人もいるかもしれませんが、平日は駅からキャンパスまでバスも出ているので安心してくださいね

メインキャンパスは柏原ですが、夜間コースはアクセスの良い天王寺キャンパスになります。
どちらのキャンパスも設備がかなり整っていますよ。

卒業後|教員採用試験合格者数「全国1位」の実力

大学選びで気になるのは「就職率」ですよね。
大教は教育大学というだけあって、9割以上の人が教員になります。
なんと言っても大教の教員採用試験合格者数は「全国1位」なんです。
採用試験対策や面接対策、実技試験対策も本当にサポートが手厚いです。
しかも周りがみんな教員志望だとモチベーションも上がるので、図書館に行ってみんなで勉強したり、面接練習をしたりという風景がごくごく普通に見ることができます。

また、公立学校以外にも私立の講師登録会や、大阪以外の自治体の説明会も開催されるので、関西圏以外を考えている人にも対応してくれます。

大阪教育大学
大阪府柏原市旭ヶ丘4-698-1(柏原キャンパス)
TEL.072-978-3324 (入試課直通)

詳細ページ