関関同立の研究|経済・経営・商学部系統のおすすめはどこ?

○○学部に行きたいより先に、まずは関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)のどこかに入りたいと考える高校生もいるでしょう。「特に学びたい学問なんてないし、なんとなく就職のことを考えると経済・経営・商学部系統かな」という高校生も少なくありません。
この記事を参考にしていただき、「とにかく関関同立」ではなく、どの学部を選べばいいか、自分の進路を考えてみてください。

経済・経営・商学部系統の特徴

経済学部、経営学部、商学部は、どのような違いがあるのでしょうか。
この3つのなかでは経済学部が古くからある学問領域であり、旧帝大には経営学部はありません(経済学部経営学科はあります)。
関西では神戸高等商業学校に起源をもつ、神戸大学が伝統的に経済・経営領域に強みを持っています。
経営学部、商学部は経済学部と比較すると新しい領域と言え、経済学部よりも実学に近いイメージがあります。

関関同立のいずれの大学にも、経済学部はあります。
そして、商学部か経営学部のどちらかもあります。

つまり、関関同立のいずれも、経済・経営・商学部系統で選択肢は2つあるということになります。
経済学部と商学部の違い、経済学部と経営学部の違いについて解説します。

経済学部と商学部の違い

経済学とは、経済活動によって引き起こされるさまざまな現象を研究する学問です。
これだけでは分かるような分からないような気になります。

経済学では、国家レベルの大きな視点から家計レベルの小さな視点まで広く扱います
経済学を理論、政策や歴史の観点から学びますので、多様な学問的なアプローチがあります。

一方、商学は商取引の学問として発展し、企業の商業活動を中心に扱います
ジャンルで言うと、マーケティング、流通、会計やファイナンスなどがメインとなります。
商学部は一般的に、関連する資格(簿記、公認会計士、税理士、ファイナンシャルプランナーなど)の資格取得を支援している傾向が強いです。

経済学部のほうが原理原則に近く、いわゆるアカデミックな要素が強いです。

経済学部は学んだ知識をそのまま就職後に生かすというより、世の中の原理や学びのプロセスから身についた力を活かすという要素が強いです。
商学部のほうが、就職後にそのまま生かせる知識(例えば会計やマーケティング)を学びます。ただ、一般企業に就職する際に、学んだ領域の仕事につけることのほうが少ないです。新卒で就職する際に、会計をやっていたからと言って経理に就職するとは限りません。営業職になる可能性のほうが遥かに高いです。就職に有利になるかどうかよりも自分がやりたいと思えるかどうかのほうが重要かもしれません。

経済学部と経営学部の違い

経営学は20世紀になって工業化が進み、企業の活動が大きくなってから生まれた学問です。
ビジネスが研究対象なので実学に近く、経済学部と経営学部の関係も、経済と商の関係に近いです。

経営学では、組織論や戦略論の2つが二大分野となっています。

組織論は企業活動を合理的に行うための研究領域で、戦略論は企業が市場でどのように競争して拡大していくべきかを考える研究領域です。他の領域とのつながることも多く、NPOやボランティアなどの公共経営学、国際経営学、観光経営学など領域は広いです。経営に関する情報の収集や処理について学ぶ経営情報学などもあります。

経営学を学ぶことは一般企業就職するには知識として役立つことも多いでしょう。ただし、企業の戦略論を研究したからといって、いきなり企業の中枢で戦略を立てる仕事につけるのは稀です。大学の学士レベルで学ぶ経営学と、ビジネスの現場は異なることが多く、小手先のテクニックは通用しませんので、経営学の知識意外にもコミュニケーション能力などの汎用的能力を高める努力は必須です。
経済学部でも経営学部でも、学ぶ内容そのもので就職活動に差が出るということはあまりありません。

関関同立の経済・経営・商学部系統の紹介

関関同立の経済・経営・商学部系統の偏差値を紹介します。共通している経済学部で比較すると、同志社>関西学院大学>関西大学>立命館といったところです。以下の河合塾データの偏差値では関西学院大学が最高値のように見えますが、センター試験併用の個別試験の偏差値が高く出ているからです。

同じ経済学部だったら、学んでいる内容そのものには大きな差は出にくいです。関関同立の中で選ぶなら、学びの仕掛けや特徴的な取り組みに注目するとよいでしょう。

大学名経済系経営・商学系
同志社大学経済学部 62.5商学部 62.5〜65.0
関西学院大学経済学部 57.5〜65.0商学部 57.5〜65.0
立命館大学経済学部 50.0〜57.5経営学部 57.5〜60.0
関西大学経済学部 57.5〜60.0商学部 57.5〜60.0

立命館大学の経済学部と経営学部で偏差値が異なるのは場所の問題が大きいです。経営学部は大阪の茨木駅近くの「大阪いばらきキャンパス」ですが、経済学部は滋賀県南草津駅からバスの「びわこ・くさつキャンパス」にある、という差は大きいようです。

経済・経営・商学部系統を選択するときのポイント

卒論テーマやゼミの研究テーマに注目しよう

経済・経営・商学系統は、他の学部よりも何を学ぶのかがはっきりしないことも多く、なんとなくのイメージで考えている高校生は少なくありません。高校生には分かりにくい側面もあります。
そこで先輩方の卒論のテーマやゼミの研究テーマを具体的に知ることが重要です。
もちろん実際に学んでいないので、難しそうに見えると思いますが、具体的に知ることで自分が興味を持てそうかどうか、なんとなくイメージができます。

卒論テーマやゼミ研究テーマは、学部パンフレットにゼミテーマをピックアップして載せていたり、学部のホームページで公開していたりします。オープンキャンパスでも確認できるでしょう。以下に具体例を一部紹介します。

「コメ輸入自由化の実証分析─減反政策の効果も含めて─」
「セネガル漁村における漁業保険の需要─保険理解度が与える加入意思への影響─」
「ケニアの HSNP 現金給付プログラムにおける子どもの教育のインパクト評価─女性の現金使用方法決定権に着目して─」
「セネガル農村における夫婦間の共同行動が女性の自律性、家庭内交渉能力に与える影響」
マクロ経済理論
現代経済の諸問題
東アジアの歴史と共通性―経済成長、人口、家族・親族制度
少子高齢社会における経済と福祉問題
グローバリゼーションの歴史と現在
情報の経済学とゲーム理論

学ぶ内容の次は「学び方」に注目しよう

同じ経済学部であれば、学ぶ内容自体にはそれほど大きな違いはありません。
ぜひ注目をしてもらいたいのは「学び方」です。
近年はアクティブラーニングが注目されていて、講義型の授業ばかりではなく、ディスカッションを主体とした学びのスタイルやプレゼンテーションの機会も増えてきています。

関関同立の経済学部・経営学部・商学部でも、アクティブラーニングの取り組み度合いが学部によって違います。

例として同志社大学経済学部の場合を紹介します。同志社大学経済学部では、通常のカリキュラムのほかに学生プロジェクト、ビジネスプラン大会、ディベート大会などが行われています。「経済学部学生プロジェクト」は、学部生がチームを組んで、自ら設定した課題を実現するために1年あるいは半年間、自主的に行なわれる学習・研究活動を支援し、その成果を発表する機会を提供するために設けられた制度です。(同志社大学経済学部HPより)

経済・経営・商学部系統の学び方をより詳しく知りたい場合は、ぜひオープンキャンパスで、「プレゼンテーション」の機会がどれくらいあるのか?と聞いてみてください。プレゼンテーションの機会が多い学部はアウトプット型の学びが充実していると言えます

講義型の授業が悪いわけではなく知識のインプットは非常に重要ですが、特徴的な学び方に注目するのは学部選びのひとつのポイントになります。

関連記事

関関同立といえば、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学の4大学をさしますが、この4大学は甲乙付け難く、志望校選びには非常に迷うところです。そこで、今回、関関同立を徹底的に比較してみましょう。志望校選定の参考にしてください。[…]

定期テスト対策 から大学受験対策まで。
全授業が月額980円(税抜)~で見放題!

リクルート提供の「スタディサプリ」は、通信環境さえあればいつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができるオンライン学習サービスです。

定期テスト対策から大学受験対策まで、これ一つで十分。全授業が月額980円(税抜)~で見放題なんて、経済的にも大助かりですね。

スタディサプリの特徴

  1. 5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。
  2. 小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができる。
  3. 講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入できる。
  4. センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。
  5. 上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供。さらに無料体験も可能。

 

また、アプリ版もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。
さらに授業動画の速度調整も可能で、わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観ることができます。

毎日の予習復習、学び直しや先取り学習、定期テスト対策、受験対策など、一人一人の目的にあわせて利用できるのはありがたいですね。

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。