学費

サラリーマン家庭でも医学部に進学させることは可能なのか?

医学部はお金がかかります。
国公立大学なら、たとえ医学部であろうと、文学部であろうと経済学部であろうと、学費はすべて同じですから、初年度に納めるお金はだいたい80万円強になります。

ただし医学部の場合は6年間ですので
学費だけで

入学金282,000円+授業料535,800円×6年間=3,496,800円

約350万円が必要です。

これが私立大学となると話は途端に変わってきます。私立の医学部31大学中最も学費が安い国際医療福祉大学でも初年度納付金450万円、6年間の総額は1,850万円が必要です。
一時期に比べれば学費の値下げは進んでいるものの、平均3,000万円

私立大なら、家が一軒建てられるお金が必要です。

医学部に行くにはどのくらいのお金が必要なの?

国公立350万円、私立3,000万円という金額はあくまでも、大学の学費だけの話です。
これ以外にも、交通費や教科書代、食事代などさまざまなお金がかかります。
文部科学省の調査によれば、大学生の年間生活費の平均は
自宅生で約40万円、自宅外生で約100万円となっています。

で、子どもを医学部に通わせるためには、

  • 地元の国立大学に通えば、約600万円〜
  • 都会から地方の国立大学へ通えば、約1,000万円〜
  • 自宅通学で順天堂大に通えば、約2.300万円〜
  • 都会から岡山の川崎医科大へ通えば、約5,150万円〜

が必要になります。

なぜに、順天堂大と川崎医科大を例にあげたかと言えば、最も学費の安い国際医療福祉大学は2017年4月に開設したばかりですから、まだ卒業生がいません。
それどころかインターン生もいないため医者になった人が一人もいません。
実績がある大学で最も学費が安いのは順天堂大の2080万円で、
最も高いのは川崎医科大の4,550万円だからです。

つまり私立大なら2,300万円〜5,150万円。平均4,000万円という途方もないお金が必要になります。

医学部に行くためには塾代や予備校代が必要です

さらに、医学部に合格するためには独学ではなかなか難しく、医学部進学専門の塾や予備校の力を借りることになります。

これがまた高い!

大手の進学予備校で年間100〜150万円ほどかかります。
中には通常のコースと同じ50〜60万円ですむところもありますが、やはり医学部受験は別格。
ノウハウやデータが必要です。

また講師がつきっきりでサポートしてくれる浪人生対象の医学部専門塾になると年間500万円ほど。中には1,000万円を超えるところもあります。

とてもではありませんが、年収1,000万円クラスの高級サラリーマンをもってしても、到底賄えない金額です。

医者が儲からない時代がやってくる

先頃ノーベル医学賞を受賞した「本庶先生のような医者になりたい」という高い志をもった子どもには奨学金を利用してでも医学部に進学させてやるべきでしょうが、「よく勉強ができるから」という理由だけで「医者にさせたい」というのは親の身勝手。

だいたい、これからは医者も食えない時代がやってきます。

実際に、歯医者が食えなくなってきており、歯学部人気が下がっています。
これは整骨医院と同様に、歯科医院も飽和状態になっているせいですが、これと同じことが医者にも言えます。

医者といえどもサービス業ですから、患者はキレイな病院、評判のいい病院、腕にいい病院を選びます。当然、人気のない病院がでてくるわけで、現に廃業に追い込まれて病院がいくつも出てきました。

また、AIが発達すると内科医や外科医などが不要になり、近い将来、臨床医として生き残れるのは、総合内科医だけとも言われています。

医者=儲かる

この図式は完全に崩壊する時代に突入しています。
後継者育成という必要がない一般サラリーマン家庭では、無理に子どもを医者にするという考えは得策ではないでしょう。

いろいろな選択肢から本人の資質を考えて、一緒に進路を考えてあげることが親の役割でしょうね。