関東の学校

慶應義塾大学のイメージ|圧倒的存在感を放つ私立大学の最高峰

誰もがその名前に憧れる、慶應義塾大学。
私立トップの大学として君臨し、陸の王者という愛称で知られています。
OB・OGは様々な分野で活躍しており、慶應学閥も非常に有名です。
そんな慶應義塾大学の実情はどんなものなのでしょう。

立ち位置|私立文系と医学部の最高峰

慶應といえば、やはり文系学部のイメージが強いでしょう。

私立文系の受験生からすると、早稲田と並び最高峰の難易度を誇る大学です。
早稲田は間口が広いのに対して、慶應は下位学部でも合格するのはかなり難しくなっています。

しかし、東大・一橋・東工大志望者からすると評価は真逆で、滑り止め的な立ち位置になります。

また、経済学部は数学と英語ができれば受験できるので、理系の生徒からも根強い人気があります。

全学部で国語の試験が課されないことは大きなポイントです。

推薦入試、指定校入試、AO入試など幅広い入試制度を導入しているため、附属高校からの内部進学者と合わせてさまざまな学生が在籍しています。

慶應は医学部も非常に知名度があり、東大と同程度かそれ以上の難易度です。
慶應医学部の滑り止めとして東大が使われるほどであり、慶應病院も石原裕次郎など著名人が多く通院している超有名病院です。
名実ともに私立No.1の大学といって申し分ありません。

ブランド|圧倒的なブランド力

日経BPコンサルティングによる「2017 – 2018首都圏編大学ブランド力ランキング(ビジネスパーソンベース)」では、2位であり、東大につぐブランド力を誇ります。

学力的な面では東大や一橋には大きく劣る点があるとは思いますが、学校の大きさや影響力、OBの多さからしても、慶應のブランド力は東大の次といっても過言ではないでしょう。

単純に、「慶應義塾」という字面からもかっこよさを感じる、という生徒も多いはずです。

また、「自分の意見をしっかり言えそうな大学ランキング」や「就職状況が良いイメージ」でもトップを獲得しており、就活に良いというイメージを全面に感じます。

一方で、医学部以外の理系の研究成果はあまりパッとせず、私立大学としての弱みでもあるでしょう。
しかし研究成果はあげていなくても、慶應ブランドで就職状況は良好なので心配はしないでください。

大学で成果をあげるというよりは、就職して企業で力を発揮するといった印象が強いです。

慶應生は実際にお金持ちも多いので、「金持ち」「ハイセンス」という印象が強く、それは「慶應ボーイ」という言葉でも表されます
ミスター・ミス慶應は芸能界からも一目置かれる存在であり、多くのアナウンサーを輩出しています。

キャンパスライフ|港区・三田に構えるハイセンスなイメージ

慶應は1・2年生の時は日吉キャンパス、3・4年生の時に三田キャンパスに通学するというのが一般的です。
本部が位置する三田キャンパスの最寄駅はJRの田町駅と、都営地下鉄の三田駅になります。
港区にあることからも、アクセスは非常によく、まわりにはオフィスや領事館が点在しています。

駅からキャンパスに向かう途中には、東京タワーが大きく見えたり、いかにも「東京」を感じるおしゃれな場所にあります。

また、歩いて麻布十番・六本木に向かうことができ、ハイセンスなキャンパスライフを堪能することが可能です。

山手線・京浜東北線が乗り入れしているので、渋谷・新宿など都心にも簡単にアクセス可能であり、大学生が過ごしやすい街でもエンジョイできます。

学生の中にはいわゆる「意識高い系」もかなり多くいて、学生の間に企業したりする人も多く、刺激的な生活を送れることでしょう。
全国区人気のため地方出身者もたくさんいますが、慶應幼稚舎出身を中心として首都圏在住のお金持ちもかなり多く、知り合いに有名人がいるということもザラです。

他にも理工学部の矢上キャンパス、薬学部の芝キャンパス、湘南藤沢キャンパスなど多くのキャンパスが存在します。

卒業後|金融・保険を中心に就職に強い大学

慶應といえば、就職に強いというイメージがあると思います。
イメージどおり、就職に強いという言葉が日本で一番似合う大学といえるでしょう。

金融業に進む生徒が一番多く、メガバンクを中心に、大手保険会社など、高収入の超人気企業が上位に名を連ねます。

また、体育会系部活出身者を中心に、五大商社も大人気であり、MARCHなどとは一味違う実績を残しています。

その他のメーカーやコンサルなども良好で、選ばなければ中堅以上の企業には就職することは容易であると思います。

さらに慶應の強みは、入社してから。多数のOB・OGからなる「慶應連合三田会」を学閥として組み、大きな恩恵を受けることができます
仕事に就いてからは上司に気に入られるというのは、非常に重要なことなので、慶應ブランドは大きな力を発揮します。

慶應義塾大学は名実ともに私立No.1の大学です。
特に「慶應三田会」は多くの界隈で大きな力を発揮します。
慶應に入学してよかったと思える瞬間は、大学を卒業してからかもしれませんね。

2019年2月10日(日)の薬学部を皮切りに、慶應の一般入試が始まります!


受験生にとってはもう残りわずか。入試本番まで半年を切りました。
「そろろろラストスパートをかけなければ!」「思うように成績が上がらない」と、そろそろ焦りが出てきたのではありませんか?

そんな不安を一掃するためにおすすめしたいのが、リクルートが提供する「スタディサプリLIVE 秋期講習・冬期講習」です。

同じくリクルート提供の「スタディサプリ」は、通信環境さえあればいつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができるオンライン学習サービスですが、「スタディサプリLIVE」はそれとはちょっと違います。

「スタディサプリLIVE 秋期講習・冬期講習」は、大学受験生向けの短期講習です。

志望校に特化した最新情報をもとに、その時期受験生が必要な授業を、スタディサプリの人気講師陣が”生放送”で届けてくれるというもの。

つまり、慶應義塾大学に合格したい人に、慶應義塾大学の入試に絞った授業を提供してくれるのです。
だから無駄がありません。しかもLIVEチャット機能搭載なので、一方通行の動画配信ではなく、質問することも可能。一緒に学ぶ仲間の声も聞けるので、一人で勉強するよりもモチベーションは格段に上がります

まさに大手予備校の秋期講習・冬期講習並み、いやそれ以上の授業を自宅に居ながら受けることができるのです。

「スタディサプリ」が月額980円〜で利用できるのに対し、「スタディサプリLIVE」の利用料はかなり高めに感じるかもしれません。
しかし「スタディサプリLIVE 秋期講習・冬期講習」で提供される学習内容は、名前はよく似ていても「スタディサプリ」とは全く別物です。
塾・予備校の秋期講習・冬期講習と比べれば格段に安く、しかもハイレベルな学習を提供してくれます。

どうしても志望校に現役合格したい方、何を勉強していいかわからない方、有名予備校までは遠すぎて自宅から通えない方、このような方は無料プレ講座も随時開催していますので、ぜひチェックしてみてください。

詳細は下記サイトをご覧ください↓
【スタディサプリLIVE】志望大別対策で弱点を克服

慶應義塾大学
東京都港区三田2‐15‐45(三田キャンパス)
03-5427-1566 (入学センター)

詳細ページ