進学の常識

現役で東大合格を目指すなら、「河合塾のMEPLO」がおすすめ!

日本で最も難しい大学は誰がなんと言っても「東大」です。
多くのノーベル賞受賞者を輩出している「京大」と比べられることも多いですが、東大と京大の間には雲泥の差があります。

東大と京大の間には越えられない差がある

2018年度入試を見ると、京大の合格者ランキングベスト10には、トップの北野高校(大阪)をはじめ、3位の天王寺高校(大阪)、4位の膳所高校(滋賀)、8位の京都市立堀川高校と、公立高校が4校も入っているのに対し、東大は9位タイの日比谷高校(東京)のみ。

これは京大の入試レベルが、基礎力さえあれば高校3年間の勉強で十分対応できるからに他なりません。

一方、入試の科目数も多い東大は、高校3年間の学びだけではなかなか難しいというのが現状です。
東大に合格するために必要な知識量があまりにも多いのです。

しかも部活動や学校行事など、中・高校生活もエンジョイしたい。

つまり東大に現役で合格するためには、東大専用の受験対策をする効率よく行う必要があるわけです。

そこで注目されているのが、東大受験に特化した学びを提供している予備校です。
中でも定評あるのが河合塾のMEPLOです。

東大に特化した受験指導で、現役合格をめざす

河合塾MEPLOは、中高一貫校に通う中学生・高校生のための東大現役進学塾です。
駿台と並び、毎年多くの東大合格者を輩出している河合塾ですが、MEPLOは単なる東大現役進学塾ではありません。
長年の実績と分析により、東大が欲しい学生像、東大の入試を熟知した上でカリキュラムを作成。
さらに、「GOKAKUのチカラ」による万全のサポート、「MEPLOラーニングメソッド」による生徒参加型の双方向授業の実践、幅広い教養が身につく「MEPLO ACADEMIA」を開催するなど、東大現役合格に向けた徹底的な指導体制が築かれています。

河合塾MEPLOはどこにあるの?

残念ながらMEPLOは首都圏に4教室しかありません。
あるのは東京の池袋、本郷、表参道、そして神奈川の横浜教室だけです。

【東京都】
MEPLO池袋教室
豊島区南池袋3-13-8 ホウエイビル TEL.03-3988-6731

MEPLO本郷教室
文京区小石川2-6-1 TEL.03-5803-0581

MEPLO表参道教室
港区南青山5-10-5 九曜ビルディング TEL.03-5778-9480

【神奈川県】
MEPLO横浜教室
横浜市西区北幸2-6-1 横浜APビル TEL.045-316-6581

河合塾MEPLOの学費は?

入塾金は高校生3万円、中学生2万円。
授業料に関しては、レギュラー講座は学年・講座により異なり、74,500円(高3生・東大古典、2,090分)〜212,000円(高3生・東大理類数学、5,200分)、高3生対象のオープン講座が84,800円(2,160分)となっています。
これだけ見ると決して安くはありませんが、東大に現役で合格できるなら安いと言えるでしょう。

ちなみ2018年度入試に関しては、2017年度にMEPLO各教室に通っていた生徒309名のうち78名が東大に現役合格
京大3名、一橋大10名、東京工大1名、国公立大学医学部医学科13名となっています。

朝から晩まで机にかじりついて必死に勉強するのではなく、学校の部活動や行事に参加しながら効率の良い勉強法で現役合格を目指す河合塾MEPLOは、今、中高生に最も注目されている東大専門の進学塾です。