女子大の研究

大阪樟蔭女子大学のイメージ|美しい女性を育成するビューティフルな女子大学

大学を選ぶ中で「女子大」を視野に入れる人も多いのではないでしょうか?
特に女子高に通っている人はそのまま女子大か、共学に行くかも迷いますよね。
女子大というとかなり華やかなイメージがありますが、実際どうなのか気になる人も多いと思います。

TAO
TAO
そこで、今回は大阪にある女子大、大阪樟蔭女子大学を徹底解説しちゃいます!

立ち位置|関西女子大の中でもビューティフル度はナンバーワン

学部にもよりますが、偏差値はおおよそ35〜40程度(河合塾調べ)で、管理栄養士課程のある健康栄養学部の偏差値がやや高くなっています。
管理栄養士国家試験の合格率は5年連続で100%を誇っています。

同じ偏差値帯の大学は他に、大阪女学院大学、千里金蘭大学、相愛大学などが挙げられます。

大阪樟蔭には被服学科の中に「化粧学専攻」という珍しいコースも設置されています。
メイク系は専門学校というイメージがありますが、四大で設置されている大学は全国でも稀で、しかも専門学校よりも長く勉強できるので、就職にはとても強いです。

2017年の創立100周年を機に、キャンパスが大幅リニューアルされました。
特にトイレの評判は高く、個室にはパワー脱臭・ビデ・音姫を完備。さらに化粧直し専用のエリアや全身鏡を設置するなど、学生人気のくつろぎ空間となっています。

ブランド力|近鉄沿線のファッショナブルな女性が多く集まる
卒業生には小説家の田辺聖子さんやお笑いタレントの松嶋尚美さん(元オセロ、短大部卒)がいるように、才女を多く輩出している女子大です。
キャンパスには田辺聖子文学館が設置され、その世界観や人生に触れることができます。

女子大だから「出会いないんじゃない…?」と心配する人もいるかと思いますが、その点はご心配なく!

近くには大阪商業大学や近畿大学があるので、サークルなどでの出会いの場はあると思ってください。

キャンパス|河内小阪駅から歩いて4分の好立地

2014年に奈良県の関屋キャンパスが廃止されてからは、東大阪市の小阪キャンパスのみです。
小阪キャンパスは近鉄奈良線の「河内小阪駅」から歩いて4分という好アクセス。鶴橋駅からも30分程度です。

学生の中には兵庫、奈良、京都から通学している学生もいるようなので、立地の良さはさすが私立というところですね!

卒業後|児童教育学科は8年連続就職率100%

学部にもよりますが、児童学部の卒業生の9割は幼稚園、保育園、公立小学校という進路が多いです。
中でも児童教育学科は8年連続就職率が100%という実績を誇っています。

心理学部も病院関係が多く、専門分野への就職サポートはしっかりしています。

学芸学部の進路先は多岐にわたり、飲食関係からアパレル、一般企業まで幅が広いです。

インターンも充実しているので「大学に入ってから将来のことを見極めていきたい」という人にはぜひオススメしたい大学です。
また、取得できる資格の数がとても多いので、将来やりたいと思っている仕事が資格の必要な仕事だという人にはピッタリの大学だと思います。

TAO
TAO
私立大学はオープンキャンパスがとても充実しているので、「大阪樟蔭が気になる!」という人はぜひ足を運んでみてください。

大阪樟蔭女子大学
大阪府東大阪市菱屋西4-2-26
TEL.06-6723-8274(入試広報課)

詳細ページ