効率的なレポートの書き方

レポートを書こうとしていきなり手が止まる経験もあるかもしれません。何とか必要な文字数は埋めるけど全く手ごたえを感じない人も少なくないでしょう。
とにかく苦痛なので、効率的なレポートの書き方を知りたいという人もいるでしょう。

そんな方向けに大学における効率的なレポートの書き方を解説します。
これを読めば、筆が進まないレポート地獄から解放されて、論理的な考え方を身につけることができます。

早く終えるコツはいきなり書き出さないこと

与えられたテーマに対して、いきなり書き始めるのは高校生までで終わりです。高校時代に小論文を習った人は、事前の準備が必要だということは理解していると思います。下準備を面倒くさいと思う人もいるかもしれませんが、いきなり書き始めて止まってしまうことのほうが面倒くさいです。

楽に文章を書くコツは構成メモにあり

書き始める前に準備すべきことは、構成メモを作ることです。
料理を作るときは材料を用意します。それと同じで、レポートを作成するときには構成メモが必要です。つまりレポートの設計図です。

「事前に構成を考えるのが難しいから嫌なんです」という声が聞こえてきそうです。なぜ構成を考えるのが嫌なのか?構成を考えるときに何を考えたらよいか分からないからです。それを解決するには構成を考えるためのフォーマットが便利です。このコラムの最後で、パターンにあてはめる構成メモのフォーマットをご紹介します。

感想文との違いを理解すると早く書ける

感想文とは、自分が何を感じたのかを書く文章です。それには根拠は必要でありません。大学で課せられるレポートは、様々な種類がありますが、基本的には自分の考察を述べるものです。すでに発表されている論文などを参考にしながら、客観的な事実やデータ分析を根拠にして、自分の意見を述べるものです。ここで重要なのは、自分の意見であるということと、根拠が必要だということです。

自分の意見って何なの?

自分の意見と言われても「特に思いつかない」と思うかもしれません。天才的なひらめきが必要なものではありません。学生なのですから、その領域に関する専門家でもありません。誰も言ってないようなオリジナルな意見である必要はありません。

コツは、すでに言われている意見(発表済みの論文、世の中で言われていること)に対して、わずかでも異なる部分を自分の意見として示すことです。

例えば、「○○(研究者の名前)は○○(論文の名称)の中で、○○と述べている。私は○○の部分は意見が異なり、○○と考える。なぜならば・・・」というイメージです。

次に、文章の形が重要です。まず、「私は~だと思います。」はやめましょう。これだと感想文になってしまいます。
「○○は○○である。なぜならば…」の形にしましょう。それだけで自分の意見になります。

テーマの領域を深く絞る

楽に書くためでだけでなく、短い時間で評価の高いレポートを書くには、テーマの領域を深く絞ることが重要です。
例えば、「高齢化社会について論じよ」というテーマあった場合に、高齢化社会の中の何に焦点を絞るのか、自分なりにテーマを掘り下げることが重要です。高齢化社会の中でも、福祉の問題なのか、医療の問題か、経済の問題なのか、一つに絞ることで書きやすくなります。

文字数を埋めるだけでしたら、広いテーマのまま浅い内容を書くこともできます。テーマを絞ることで参考とする資料も具体的になりますので、調べることも少なくて済みます。結果的に高い評価を得られる良いレポートを効率的に書くことができることにつながります。

楽にレポートを書くための「序論、本論、結論」じゃないお勧めパターンは?

論文の形は「序論、本論、結論」とよく言います。これが基本なのは間違いありません。短いレポートでも、2万字・3万字と書くような卒業論文でも、「序論、本論、結論」が基本です。ただし、この表現だけでは何を書いたら序論としていいのか、本論としていいのかが分かりにくいです。

ここで皆さんにお勧めしたいのは「序論、本論、結論」を言い換えて、「主張、根拠、まとめ」という形式です。これは、大学の学びだけでなく、ビジネスでも有効ですし、就職活動のエントリーシートもこの形式なので、大学1年生のうちから使えるようになることを推奨します。

一言で構成を示すと以下のようになります。
主張:「○○は○○である」
根拠:「なぜならば…」
まとめ:「以上のように、○○である。」

主張:この文章で何を伝えたいのか

主張の部分には、この文章で何を伝えたいのかを書きます。
・論点は何か
・問題点は何か
・なぜ考察するのか
・先行研究で言われていることとの違い
など、「この文章で伝えたいこと」がこの部分を読んだだけで分かるように意識をします。何が書かれているのか分からない文章を読み進めるのは評価する立場としてはストレスです。何が書かれているのか明確なほうが、仮に稚拙な仮説であっても、読み手からすると分かりやすいです。

根拠:なぜ主張が成り立つのかを示す

根拠のパートには、主張を支えるための根拠を書きます。
・事実
・自分が考えたこと
・先行研究で言われていること
・統計データ
・実験データ
などを記載します。

最も重要なのは、主張を支える根拠になっているかどうかです。論に飛躍がないか、とも言います。実はここがずれると、読み手のストレスになります。例えば、「高齢化社会により高齢者を支える現役世代の負担が増えることが問題である」という主張をしたとして、根拠が「高齢者が自分らしく過ごすことが重要」だと意味が通じません。主張「現役制度の負担増が問題である」に対し、根拠として「年金制度が維持できない」「医療制度が維持できない」ということであれば通じます。主張と根拠の関係を間違えないようにすることが大事です。

次に重要なのは、根拠が確かかどうかです。根拠は客観的な事実である必要があります。「~だと思います」ということは根拠になりません。インターネットで調べて、あるブログを根拠としても、それは根拠にはなりません。例えばブログで統計データが紹介されていたら、省庁のページなどでそれを辿って、原本に近い形(それを1次資料と言います)で掲載するのがいいでしょう。

レポートの分量を増やしたいときは、反対の主張に対する反論を書いておくとよいでしょう。自分が主張していることと反対の主張がされている先行研究や世の中一般で言われていることを取り上げて、なぜその主張ではダメなのか、不足しているのかを書いていくのです。読み手からすると、別の可能性を否定されることになりますので、文章量を増やせるだけでなく文章の説得力があがります。

まとめ:主張と根拠を念押しする

まとめでは、これまで述べてきたことをもう一度的確に繰り返します。
・このレポートでの主張と根拠を総括する
・今後の課題

主張と根拠を短くまとめるのがお勧めです。そのうえで、述べることが出来なかった部分や主張に関係する今後の課題を述べると、論に広がりを持たせることがでいます。

構成メモのフォーマット

以下の質問に答えるようにメモを書いていけば、文章の基礎的な形が出来上がります。それを肉付けしていくほうが、いきなり書き出すよりも随分楽に書けます。

主張:この文章で何を伝えたいのか

  • 与えられたテーマを絞ると何がよいか
  • 論点は何か
  • 問題点は何か
  • なぜ考察するのか
  • 先行研究で言われていることは何か?自分の主張との違いは何か?

根拠:なぜ主張が成り立つのか

  • 自分が考えたこと
  • 先行研究で言われていること
  • 統計データ
  • 実験データ

などを記載しますが、以下のように考えると手軽です。

  1. 理由の一つ目は?
  2. 理由の二つ目は?
  3. 理由の三つ目は?

 

まとめ:主張と根拠を念押しする

  • このレポートで主張したいことは?
  • 主張を支える根拠は何か?
  • 今後の課題は何か?

小学生から受験生まで
自宅学習は月額980円の「スタディサプリ」で解決!

リクルート提供の「スタディサプリ」は、通信環境さえあればいつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができるオンライン学習サービスです。

定期テスト対策から大学受験対策まで、これ一つで十分。全授業が月額980円(税抜)~で見放題なんて、経済的にも大助かりですね。

スタディサプリの特徴

  1. 5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。
  2. 小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができる。
  3. 講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入できる。
  4. センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。
  5. 上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供。さらに無料体験も可能。

 

また、アプリ版もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。
さらに授業動画の速度調整も可能で、わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観ることができます。

毎日の予習復習、学び直しや先取り学習、定期テスト対策、受験対策など、一人一人の目的にあわせて利用できるのはありがたいですね。

大学受験生・高校生版↓
受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

小学生・中学生版↓
スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料