関東の学校

東京理科大学のイメージ|派手さはないが、勉学に集中し成長できる堅実な大学

受験生必須のアイテム「スタディサプリ」は押さえておこう
【14日間無料】+【2,000円キャッシュバック】キャンペーン実施中(〜9/30)

リクルートが提供するオンライン学習サービス「スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、2人に一人は持っているという受験生必須のアイテム。月額たった980円(税抜)〜で、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることが可能。通学途中に、待ち時間の間に、スマホでサクッとCheck!早慶上理クラスを狙うなら絶対に持っておきたいアプリです。

9月30日(日)までに会員登録すると
なんと!「14日間無料」プラス「2,000円キャッシュバック」
応募は簡単!登録時にキャンペーンコード「ASKD82」を入力するだけ!
このチャンスをお見逃しなく。

首都圏の理系学生に人気があるのは、私立大学では早慶上理(早稲田、慶應、上智、東京理科)です。
今回は、その中の一つ東京理科大(以下、理科大)の立ち位置、ブランド力、キャンパス、卒業後を紹介します。

立ち位置|国公立大学・早慶の滑り止め

理科大は、理系のみの学部を設置している私立大学であり、研究実績は旧帝大や早慶にもひけを取らない素晴らしいものがあります。

理系学部のみの設置ながら、設置学部や受験方式が多種多様であり、受験日の調整も比較的しやすく、東工大・横国・筑波・早慶の滑り止めという認識が世間からのイメージです。

ただ、理科大の薬学部は、慶應の薬学部が誕生するまでは、長年私立薬学部のトップとして君臨していて、今でも薬学部の実績は私立No.1との呼び声が高いです。

ブランド力|ブランドランキングは首都圏で15位

日経BPコンサルティングによる「2017-2018首都圏編大学ブランド力ランキング(ビジネスパーソンベース)」では、15位となっており、総合ではあまり高いとは言えませんが、イメージが先行している印象があります。

理系に強い大学は、卒業生も研究職に多く就いていることからも、このようなランキングで上位にくるのは結構難しいことが多いようにも思えます。

しかし、「研究力が高い大学」では私立1位、「3000人以上の大学での実就職率」が全国第1位と、学力の高さをみせつけています

学業面が高い一方で、「彼氏にしたくない大学」では5位にランクするなど、「ダサい」「チェックシャツ」「理系」と、かっこいいイメージはほとんどあまりないでしょう。

理科大出身者では、吉田茂や秋山仁など政治や学問において強いことはもちろん、安楽亭の社長やサイゼリヤの創設者、ムロツヨシ(中退)など、バラエティ豊かな人たちが揃っています。

キャンパスライフ|メインキャンパスはオシャレな神楽坂!

メインキャンパスは神楽坂にあります。
飯田橋駅からも近く、大学も神楽坂よりにあるため、授業後に高級料理店でご飯してから帰ることもできます。

近隣に、早稲田、上智、法政など多くの大学がある一方で、東京ドーム、新宿、秋葉原といった一大観光地にもすぐに移動できます。

JRも地下鉄も通っていることから利便性は抜群で、放課後にこまることはないでしょう。

その他のキャンパスは葛飾(東京)や野田(千葉)の他に、長万部(北海道)と驚きの場所にもあります。

長万部では、基礎工学部の1年生だけが入学式が終わってすぐに移動し、一年間北海道での寮生活で一生の友人を作ることができます。
どこのキャンパスに行っても、理科大は留年率も高く、勉強の量も多いため、文系学生が過ごす、キラキラしたキャンパスライフを送るということはあまりないのが実情かもしれません。

卒業後|おもな就職先はメーカーの研究職

就職先上位には、富士通、アクセンチュア、NTTデータなど多くの有名メーカーが名を連ね、理系専門大学らしい結果となっています。

理科大全体での大学院への進学率は47.4%と理系大学なのでかなり高い数値です。
大学院に進めば、研究室からの推薦も非常に多く、有名企業には比較的容易に就職することができるでしょう。

研究職以外にも数学や経営工学系の学部を卒業すれば、多くの銀行や保険などの金融に就職することも十分に可能でしょう。

ただ、早慶には劣る部分は否めず、早慶に人気であるメガバンクや五大商社といった高収入が保証されている企業に就職するときには、学部卒で入学するにはかなりの覚悟が必要です。

理科大は、滑り止めで入学した学生も多いことから、東大や東工大の大学院に進学する生徒も多く見られ、就職に有利になることからも非常に有効な手段のひとつであると言えるでしょう。

帝国データバンクによる社長出身大学データにおいては、出身大学では理科大は23位となっており、研究職に進むことが多いので、社長になるというイメージとは少し違うかもしれません。

かっこいい、キラキラしているといったイメージはないかもしれないが、勉強をするための基盤が非常にしっかりとしており、自分を4年間でしっかりと鍛え上げることができる大学です。
入学したときは、滑り止めかもしれませんが、卒業した時には大きく成長した自分に出会えることでしょう。

東京理科大学
東京都新宿区神楽坂1-3(神楽坂キャンパス)
フリーダイヤル 120-188-139 (入試センター)

詳細ページ