全国8万5千人の高校生に聞きました「学習計画達成のポイントは?」

東進ハイスクール・東進衛星予備校(以下、東進)を運営する株式会社ナガセは、2021年6月に実施した「全国統一高校生テスト」を受験した85,312人の高校生に対して独自アンケートを実施。その結果、 計画を達成するカギは「モチベーション維持」と「時間への意識」ということが分かりました。

7割の高校生が学習計画を立てるが、達成できるのは約2割

どのように計画を立てて勉強しているか」についてのアンケートしたところ、およそ7割が学習にあたって計画を立てており、学年が上がるにつれて学習計画を立てる高校生が増えていました。


【グラフ1】 学習計画の有無と達成できるかどうか

グラフ1と同じ質問の回答のうち、学習計画を立てるグループ(「計画を立てるが学習量を達成できない」「計画を立てて学習量を達成できる」の2つ)を取り出して、立てた学習計画を達成できるかどうかを見たのがグラフ2です。高校生計で 22.6 %、最も高い高3生でも 23.8 %と、計画を達成できるのは少数派であるといえます。


【グラフ2】 立てた学習計画を達成できるかどうか

学習計画を立てる上での課題はモチベーションを保てるかどうか

次に「学習計画を立てる際に困ること」を聞いたところ、いずれの学年も、最も多いのは「計画を立てた後にモチベーションを保つ自信がない」という回答で、「目標はあるが、具体的に何をすべきかわからない」が続きます。
高2生・高1生は「部活や課外活動との両立が難しく、時間が確保できない」という回答も多くなっています。


【グラフ3】 学習計画を立てる際に困ること

学習計画を達成するカギは、時間を意識した計画立案にあり

グラフ4は、これまで見てきた「どのように計画を立てて勉強しているか」と「学習計画を立てる際に困ること」の関係を見たものです。グラフ2と同様に学習計画を立てるグループを取り出し、達成の有無で①②の2つのグループに分け、困ることに差があるかを調べました。

2つのグループを比較すると、一番大きな悩みである「モチベーションを保つ自信がない」の割合に差がありました。学習量を達成できるグループ①は、達成できないグループ②に比べて、計画を立てる段階で「モチベーションを保つ自信がない」という悩みが少ない傾向にあります。

もう一つ、ポイントとなるのが「部活や課外授業との両立が難しく、時間が確保できない」という悩みです。こちらは、学習量を達成できるグループ①の方が多い傾向にあります。計画を立てる段階で「時間が確保できない」という悩みを持つグループの方が学習量を達成できているというのは、一見矛盾しているようにみえます。しかし、部活や課外活動により勉強できる時間が限られているのは、どんな高校生でも同じ条件です。時間が限られているということを理解し、学習時間を確保し実現可能な学習計画を立案するからこそ、その計画を達成できると考えることができます。


【グラフ4】 学習計画を達成できるかと計画立案にあたり困ることの関係


「やれば、できる」を合言葉に、全国で498教室を展開する個別指導塾「スタンダード」では、小・中・高全学年、全教科対応で、生徒2人に対し、講師1人でしっかり指導。

フランチャイズではなく全教室直営なので、どこよりも安く、そしてどこよりも親身な指導を全教室同一レベルで実施。お子さまのやる気を引き出し、勉強を習慣づけることで、お子さまの学力を伸ばします。

お子さまが「全く勉強しない」
「学校でも塾でも勉強についていけない」
「友達とどんどん差がついてる」などの
親御さんの悩みを解決します。

入会費用はいつでも0円、まずは5回の無料授業から始めて、お子さまにピッタリの講師を見つけてください。

詳細は下記サイトをご覧ください。
個別指導塾のスタンダード

Wam|実績ある学習塾によるオンライン学習システム

一人ひとりに応じた完全オーダーメイドカリキュラムで、日常学習のサポートから超難関受験対策まで幅広く対応しています。指導に当たるのは、東大生をはじめとする現役学生やプロ講師など。専用のオンライン授業システムで、問題を解く過程を講師がしっかり見守りながら授業を展開。さらに、AIで出題を自動調整された演習が学習効率を最大化。対話形式の「質問を促す」双方向授業で堅実な学力アップを実現します。「成績保証」制度あり。