津田塾大学のイメージ|マジメな女子学生が勉学に勤しむ私立女子大最高峰

津田塾大学というと、真面目でよく勉強するイメージです。
創立者の津田梅子が有名な大学でもあります。伝統の女子大学について詳しく見ていきましょう。

昔も今も私立女子大学の最高峰

昔も今も私立女子大学の最高峰です。
しかし、津田塾に限らず、女子大学の人気が全体的に下がってきていることもあり入学難易度は昔よりも下がっています。
今は偏差値的にはMARCHより少し下に位置づいています。
世代によって難易度のイメージが異なるでしょう。

ただ、学校の価値は入学時点の難易度で決まるわけではありません。
津田塾大学に行くか、MARCHに行くかは、入試の難易度ではなく価値観で判断が分かれるところです。
勉強でも就職でも意識の高いマジメで一生懸命な女子学生が集まる場所です。
雰囲気はMARCHの大学群とは大きく異なります。

津田梅子創立の女性リーダーを育成する大学


津田塾大学は、新5000円札の顔となる予定の「津田梅子」が創立した女子英学塾が前身です。
創立者が有名な大学ランキングでは上位になるでしょう。
津田梅子の「自ら学び、考え、行動せよ」という教育理念が受け継がれ、変革を担う女性リーダーを輩出することを目標に掲げています。

教育のブランドは、「英語教育」「少人数教育」「留学」です。
世代の上の方だとこのイメージは強いと思います。
今は同じキーワードを掲げている大学が増えていることから特徴が出にくくなっていますが、100年以上続く伝統もあり、社会からの評価は高いです。

津田塾大学は17年4月、東京の千駄ヶ谷に「総合政策学部」を新設しました。
大学開校以来、学芸学部の1学部のみでしたが、初めての新学部となります。
英語、ソーシャルスキルに加えて「データサイエンス」まで必修であることが、他にはない強みであると言えます。
これからSociety5.0と言われている社会変革のなかでデータサイエンスを理解していることは市場価値の高いスキルです。
現時点でまだ卒業生は出ていませんが、就職市場において困ることはないでしょう。
立地としても都心から離れた小平ではなく、新宿から2駅の千駄ヶ谷キャンパスです。
新しい津田塾大学のイメージがこれから作られていくことでしょう。

緑豊かな小平キャンパスと都心の千駄ヶ谷キャンパス

小平キャンパス

小平市は東京23区ではなく都心から離れています。電車の数がやや少ないので通学が不便です。
周囲にランチができる場所や飲みに行ける場所はほとんどなく、国分寺まで出ないといけないのであまり遊べません。
大学の周りは緑が多く、勉強するには良い環境です。夏場は蚊がすごいらしいです。

サークルは伝統的に一橋大学とのインカレが多いです。恋愛したいならインカレに入るほうがよいですが、そういうことに興味がないような学生も一定数います。とにかくただただ楽しいのがいいのならば、他大学のほうがよいかもしれませんが、何をもって充実となるかは人それぞれなので、事前によく調べて判断してほしいです。

千駄ヶ谷キャンパス

新宿からわずか2駅の「千駄ヶ谷駅」で、改札を出たらすぐに淡い桃色の建物が見える好立地です。
ここまでの好立地でありながら、都心にありがちな雑踏に囲まれた環境ではなく、閑静な住宅街と緑地が広がる落ち着いた地域です。
都心にいながら落ち着いて勉強に励むには適した環境と言えるでしょう。
小平キャンパスよりも学生の雰囲気はやや華やかな印象を受けます。

キャリア志向の高い学生が集まる

女性リーダーを育成することを目指しているだけあって、意識の高い女子学生が集まります。
女子大学ではメガバンクに就職したとしても一般職であることが多いですが、津田塾大学では進路先として総合職と専門職がほとんどを占めています。
やりたいことが決まっていたり、自分の判断軸が明確な学生が多く、学生のキャリア志向が高いことが分かります。
海外と関わりがあったり、英語を使う職種につく方が多いです。

津田塾大学
東京都渋谷区千駄ヶ谷1-18-24(千駄ヶ谷キャンパス)
東京都小平市津田町2-1-1(小平キャンパス)
TEL.042-342-5113(企画広報室)

定期テスト対策 から大学受験対策まで。
全授業が月額980円(税抜)~で見放題!

リクルート提供の「スタディサプリ」は、通信環境さえあればいつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができるオンライン学習サービスです。

定期テスト対策から大学受験対策まで、これ一つで十分。全授業が月額980円(税抜)~で見放題なんて、経済的にも大助かりですね。

スタディサプリの特徴

  1. 5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで見放題。
  2. 小学校〜高校の授業から、資格対策講座まで、学年をまたいで色々な授業動画を受けることができる。
  3. 講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能。別途冊子購入できる。
  4. センター問題集が過去7年分、無料でダウンロード可能。
  5. 上記全部揃って、月額980円(税抜)。年会費や初期費用も無料。圧倒的な低価格で質の高い学習を提供。さらに無料体験も可能。

 

また、アプリ版もあります。アプリでは動画をダウンロードすることができるため、通信環境がない場所でも授業動画を観ることができます。
さらに授業動画の速度調整も可能で、わかるところは倍速で観て、わからないところはゆっくり観ることができます。

毎日の予習復習、学び直しや先取り学習、定期テスト対策、受験対策など、一人一人の目的にあわせて利用できるのはありがたいですね。

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。