就職の常識

第二新卒者の就職活動は専門の代理店に任せるのが一番!

新卒に比べて、何かとハンディキャップの多い第二新卒。
新卒や既卒なら大学も熱心にサポートしてくれますが、第二新卒者まではなかなか手が回らないのが実情です。

第二新卒にはどのようなハンディがあるのでしょうか。

第二新卒ってなに?

そもそも「第二新卒」とはどんな人なのでしょう。
はっきりとした規定はありませんが、およそ新卒で入社して3年未満の求職者を指すことが多いようです。

同じような言葉に「既卒」がありますが、こちらは卒業後に一度も卒業したことがない人を指します。

第二新卒者のデメリットは?

相談相手がいない

第二新卒ということは、一度は就職の経験があるということです。新卒の頃は、周りの勢いに流されて就職したのもの、実際に入ってみたら、思っていたものと違ったというミスマッチを起こしてしまった場合もありますし、環境が合わなかったということもあるでしょう。
しかし、いざ次の就職先を考えようにも、相談相手がいないことが一番の問題です。
誰のアドバイスも受けずに、自分の判断だけで次の就職先を決めなければなりません。

ネガティブな質問を受けやすい

また、新卒のときと違い、第二新卒は面接が通りにくいというハンディがあります。
よく尋ねられるのが、「なぜ、すぐに会社を辞めたのですか?」というもの。
新卒者には決してされないネガティブな質問です。
場合によっては、前職の人事担当者に連絡をとり、退職理由や勤務態度などを確認されることもあります。
そのため、新卒の時以上に面接対策の事前準備をしておく必要があります。

働きながら就職活動しなければいけない

さらに第二新卒者は、ほとんどの場合、働きながら就職活動をしなければなりません。
完全に退職してからならある程度柔軟にスケジュール調整が行えますが、働きながらだと、面接日程を調整するだけも一苦労。
面接は平日の日中に行われることが多いので、できるだけ効率良く就職活動をする必要があります。

第二新卒者が就職・転職を成功させるポイント

成功のポイントは上記に挙げた「相談相手」「面接対策」「スケジュール調整」をクリアすることです。

そこでおすすめしたいのが、就職代理店の利用です。
特に第二新卒者・既卒者専門の就職代理店なら、ノウハウ・実績も豊富なので安心です。

たとえば、ネットで評判の「ウズキャリ」の場合、専任のキャリアカウンセラーが担当として付き、第二新卒の就活をトータルにサポートしてくれます。
一緒にキャリアプランを考えてもらえるだけでなく、第二新卒専門の面接対策からスケジュール調整まで、まさに「就活コンシェルジュ」のサポートを受けることが可能です。

ただし、案件はITに偏っている傾向があります。また、大手では真似のできないこまめなサポートが期待できまる一方、扱っている案件は大手と比べて少なめです。

そのため、納得のできるIT系企業を探す人には、おすすめできるエージェントといえます。

ウズキャリの特徴

1.既卒・第二新卒・フリーター・ニートの内定率83%以上
・書類通過率87%超え
・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策を無制限に実施
・入社した人の生の声を元に入社後の働き方や満足度も聞けるので、入社後のイメージが湧きやすい
・個別サポートと集団対策を選べる (無料)

2.キャリアカウンセラーの9割が元既卒・第二新卒
・キャリアカウンセラーの9割が元既卒・第二新卒はウズキャリだけ
・同じ経験をしているから、失敗をしない就職活動のノウハウがある
・他の代理店にありがちな、エントリーや入社の強要はなし

3.ブラック企業を徹底排除!
・離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態などで厳しい基準を設定
・全ての企業に訪問して基準を満たしているかを確認済み
・入社した人の定着率は93%以上

詳細ページ