大学選びに役立つ!ちょっとマニアックな大学ホームページの調べ方<その1>

大学選びで迷っている高校生にとって、大学ホームページは非常に重要な情報源です。
しかし、受験生向けのページを見て満足していませんか?
本記事では、少しマニアックな大学ホームページの調べ方についてご紹介します。

夏休みや冬休みなど、1年間のスケジュールを調べてみましょう

自分が行きたい大学の夏休みがいつからいつまでなのか気になりませんか?
実は大学によっては、夏休みの長さは異なります。
4月のオリエンテーション期間、祝日の扱い、テスト期間が大学によって異なりますので、それに伴って長期休暇の期間が異なります。
年間のスケジュールは「学年暦」と呼ばれることが多いです。
この「学年暦」を調べることで、長期休暇の期間が分かります。

調べ方

  • 大学ホームページの検索窓で「学年暦」と検索する
  • googleなどで「○○大学 学年暦」と検索する

昔よりも大学の長期休暇は短くなっている傾向があります。
授業回数を15回きちんと行うことが文部科学省の指導などで言われています。
気になる大学の休暇の長さを比べてみても面白いかもしれません。
休暇が長い場合は、祝日は授業を行って詰め詰めになっていることもありますので、どちらがいいかは好みかもしれません。

 

どのような科目があるか調べてみよう(シラバス検索)

大学では、高校と違って自分の取りたい科目を選んで取ることができます。
そのときに活用するのがシラバス検索です。
シラバスとは、講義・授業の授業計画のことで、それを見ればどのような授業なのか、学習目標は何なのか理解することができます。
実はシラバスは広く公開されていることも多く、大学入学前でも調べることができます。
公開されていない大学もあります。

調べ方

  • googleなどで「○○大学 シラバス」と検索する(←オススメ)
  • 大学ホームページの検索窓で「シラバス」と検索する

 

自分で学びたいことが決まっている人は、それに関するキーワードを入れて検索してみましょう。
関連する科目が出てきます。学びたい専門領域が決まっていなければ以下のキーワードで試してみるとよいでしょう。

「キャリア」「演習orゼミ」「英語」

キャリア
就職に関することやキャリア教育に関する科目が出てくるはずです。何年生を対象にした科目なのか、到達目標は何なのか確認することができます。

演習orゼミ
いわゆるゼミ形式の授業を検索することができます。演習だと検索結果が多く出過ぎるかもしれません。

英語
どの大学にもある英語の授業です。どのようなタイプの英語の授業があるのか調べて見ると面白いかもしれません。

大学の授業は必ずしも全部が履修できるとは限りません。
例えば異なる学部だったら履修できない場合は多いです。
この科目を履修するには別の科目を履修済みである必要があるなど、条件が複雑な場合もあります。
入学する前であれば、履修できない可能性も踏まえて調べてみてください。


「やれば、できる」を合言葉に、全国で498教室を展開する個別指導塾「スタンダード」では、小・中・高全学年、全教科対応で、生徒2人に対し、講師1人でしっかり指導。

フランチャイズではなく全教室直営なので、どこよりも安く、そしてどこよりも親身な指導を全教室同一レベルで実施。お子さまのやる気を引き出し、勉強を習慣づけることで、お子さまの学力を伸ばします。

お子さまが「全く勉強しない」
「学校でも塾でも勉強についていけない」
「友達とどんどん差がついてる」などの
親御さんの悩みを解決します。

入会費用はいつでも0円、まずは5回の無料授業から始めて、お子さまにピッタリの講師を見つけてください。

詳細は下記サイトをご覧ください。
個別指導塾のスタンダード

Wam|実績ある学習塾によるオンライン学習システム

一人ひとりに応じた完全オーダーメイドカリキュラムで、日常学習のサポートから超難関受験対策まで幅広く対応しています。指導に当たるのは、東大生をはじめとする現役学生やプロ講師など。専用のオンライン授業システムで、問題を解く過程を講師がしっかり見守りながら授業を展開。さらに、AIで出題を自動調整された演習が学習効率を最大化。対話形式の「質問を促す」双方向授業で堅実な学力アップを実現します。「成績保証」制度あり。